Windows10のWindows Media Playerで音楽CDを取り込む方法(MP3)

Windows10の「Windows Media Player」で音楽CDを取り込むことができます。

今回は、「Windows Media Player」を使って音楽CDをMP3としてパソコンに取り込む方法を紹介します!

Windows Media Playerで音楽CDを取り込む方法(MP3)

それではさっそく、Windows10の「Windows Media Player」で音楽CDをMP3としてパソコンに取り込んでいきましょう!

「Windows Media Player」で音楽CDを聴く方法はこちらを参照してください。

参考ページWindows10のWindows Media Player で音楽CDを聴く方法

Windows Media Playerを起動する

まずは音楽CDをパソコンのDVDドライブ・ブルーレイドライブにセットしてください。そして「Windows Media Player」を起動します。

Windows10のスタートボタンをクリックし、「W」にある「Windows Media Player」をクリックします。

「Windows Media Player」が起動しました。表示モードはライブラリにしてください。ライブラリにすると、インターネットから自動的にCDアルバムのタイトル、曲名、ジャケットが取得されます。

ライブラリ

ライブビュー

ライブビューになっている場合は、画面右上にある「ライブラリに切り替え」ボタンをおしてライブラリに切り替えてください。

CDの取り込み設定

次にCDを取り込むための設定をします。

「Windows Media Player」の「取り込みの設定」ボタンをクリックし、「その他のオプション」をクリックします。

オプションがひらきます。

「取り込んだ音楽を保存する場所」を変更する場合は「変更」ボタンをおして保存先を変更します。

次に音楽の形式を「MP3」にします。

次に「音質」を変更します。おススメは最高品質の320Kbpsです。最高品質の320Kbpsにするには、スライダーを右一杯までスライドさせます。

最後に「OK」ボタンをおします。これで「Windows Media Player」の取り込み設定は完了です。

音楽CDを取り込む

「Windows Media Player」で音楽を取り込んでいきます。

「CDの取り込み」をおします。

すると、CDの取り込みがはじまります。保存先は先ほど設定した場所に保存されます。

緑色のバーがなくなり、全曲の「取り込みの状態」が「ライブラリに取り込み済み」になったら完了です。

エクスプローラーで保存先をみると、アーティストのフォルダーが作成され、その中にアルバムのフォルダーが作成されました。このアルバムフォルダーの中に取り込んだCDの音楽がMP3として保存されました。

曲名やアーティスト名などのMP3タグは自動的に設定されました。MP3タグが自動で設定されるのはとても便利ですね。

これで「Windows Media Player」で音楽CDをMP3として取り込むことができました。

以上、Windows10のWindows Media Playerで音楽CDを取り込む方法(MP3)でした。

 

コメント