【Windows10】スタートアップの場所・パスとは

スポンサーリンク

Windows10のスタートアップの場所・パスについて紹介します!

  • スタートアップの場所がわからない
  • 全ユーザー共通のスタートアップを設定したい
  • ユーザー毎にスタートアップを設定したい

今回は、Windows10のスタートアップフォルダの場所(全ユーザー・個別ユーザー)を紹介します!

Windows10 スタートアップの場所・パス

スタートアップフォルダとは

Windows10はスタートアップにアプリを登録しておくと、起動時にそのアプリを自動起動できます。

とても便利な機能で使っている人は多いのですが、Windows10ではスタートアップの場所が非常にわかりにくいため、どこから設定するのか混乱してしまいます。

隠しフォルダーを表示する

まずスタートアップの場所を表示するための事前準備をします。

スタートアップフォルダーは隠しフォルダーになっているため、通常エクスプローラーからは見ることができません。

隠しファイルを表示するように設定します。

エクスプローラーの「表示タブ」をクリックし、「隠しファイル」にチェックを入れてください。「隠しファイル」が表示されない場合はエクスプローラーを大きくすれば表示されます。

すると、透明なフォルダが表示されました。これが隠しフォルダーです。これでスタートアップフォルダを開く準備ができました。

スタートアップフォルダの場所・パス(全ユーザー共通)

ユーザーを個別に設定するのではなく、全ユーザーを一括で設定する場合のスタートアップフォルダはこちらです。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp

 

スタートアップフォルダの場所・パス(全ユーザー共通)

ユーザー毎のスタートアップフォルダはこちらです。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

日本語のパス

C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\
スタートメニュー\プログラム\スタートアップ 

注意点1 ユーザーフォルダ

「C:\Users」はエクスプローラーから見ると「C:\ユーザー」です。その表記で書くと下記になります。

C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

注意点2 ユーザー名

ユーザー名には自分のユーザー名が入ります。ユーザー名が「tarou」なら、このようなパスになります。

C:\Users\tarou\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

 

このスタートアップの場所にアプリのショートカットをコピーすると、自動起動することができます。

具体的な手順はこちらを参照してください。

ユーザー別【Windows10】スタートアップに登録して自動起動する

全ユーザー一括【Windows10】スタートアップの設定方法(全ユーザー対応)

以上、Windows10のスタートアップの場所・パスについてでした。

コメント