【Windows10】スタートアップから削除して自動起動をとめる

Windows10では、スタートアップからアプリを削除して自動起動をとめることができます。

  • 自動で起動しないようにしたい
  • スタートアップから削除したい

今回は、Windows10でスタートアップから削除して自動起動をとめる方法を紹介します!

Windows10 スタートアップから削除して自動起動をとめる

スタートアップから削除する

それではさっそく、Windows10でスタートアップからアプリを削除して自動起動しないように設定しましょう!

スタートアップからアプリを削除するには、Windows10のスタートアップフォルダから該当のアプリのショートカットを削除します。

スタートアップフォルダのパス 

スタートアップフォルダのフルパスはこちらです。

全ユーザー共通のスタートアップフォルダ

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp

特定ユーザーのスタートアップフォルダ

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows
\Start Menu\Programs\Startup
日本語パス
C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\
スタートメニュー\プログラム\スタートアップ

※ ユーザー名には自分のユーザー名が入ります

このスタートアップフォルダにおいてあるアプリが自動起動されるので、削除します。ここでは「Microsoft Edge」がスタートアップに設定されています。

スタートアップフォルダからアプリを削除しました。

これでWindows10起動時にアプリが自動起動することはなくなりました。

以上、Windows10 でスタートアップから削除して自動起動をとめる方法でした。

コメント