shutdownのコマンド・オプションの使い方

shutdownのコマンドとオプションの使い方について紹介します!

shutdown コマンド・オプション

Windowsはマウス・タッチを使ったGUIがメインですが、コマンドを使って操作した方が便利で速い場合があります。

ここでは、Windowsコマンドでシャットダウンや再起動をする「shutdown」コマンドの使い方とオプションの使い方について紹介します!

shutdownのコマンドオプションの一覧

「shutdown」コマンドのオプションは下記のとおりとなっています。

コマンド
/l ログオフします
/s シャットダウン
/r 再起動
/p タイムアウトまたは警告なしで電源を切る
/h 休止
/t xxx シャットダウンまでの時間 xxx 秒
/c “コメント” シャットダウン・再起動の理由
/f 警告なしでアプリケーションを強制終了
/h シャットダウン後、高速スタートアップの準備をする
/hybrid シャットダウン後、高速スタートアップの準備をする

shutdownコマンドでよく使うオプションは、「/s」「/f」「/t」あたりです。

オプションのヘルプを表示する

「shutdown」コマンドについて、より詳細が知りたい場合は、コマンドプロンプトに「help shutdown」とすれば、shutdownのヘルプからオプションコマンドを確認することができます。

シャットダウンするコマンドの使い方

shutdown /s /f /t 0

上のコマンドは、実行したらすぐにシャットダウンするコマンドを記述しました。

「shutdwon」コマンドに半角スペースをあけて、オプションを記述します。

「/s」はシャットダウンするという意味です。

「/f」はアプリを強制終了します。他にアプリが起動していると、いつまでたってもシャットダウンできないので、強制終了オプションを追加します。

「/t 0」は「時間がゼロ」という意味で、即座にシャットダウンします。このオプションをつけないとデフォルトでは1分後にシャットダウンされます。

ここでは、shutdownコマンドでよく使うオプションを紹介しました。shutdownコマンドは他にもいろいろあるので試してみてください!

以上、Windowsの「shutdown」コマンドの使い方とオプションの使い方でした。

コメント