【Windows10】スタートアップに登録して自動起動する

Windows10では、アプリをスタートアップに登録して自動起動することができます。

  • パソコン起動時に自動でアプリを起動したい
  • よく使うアプリは自動で起動させたい
  • Windowsを起動するたびに自分でアプリを起動するのが面倒

そんなときは、Windows10のスタートアップにアプリを登録して自動起動するようにしましょう!

今回は、Windows10のスタートアップにアプリを登録して自動起動する方法を紹介します!

Windows10 スタートアップにアプリを登録して自動起動する

隠しフォルダーを表示する

まずスタートアップの場所を表示するための事前準備をします。

スタートアップフォルダーは「隠しフォルダー」になっているため、そのままではエクスプローラーからは見ることができません。

隠しファイル・フォルダを表示するように設定する必要があります。

エクスプローラーの「表示タブ」をクリックし、「隠しファイル」にチェックを入れてください。

すると、透明なフォルダが表示されました。これが隠しフォルダーです。これでスタートアップフォルダを開く準備ができました。

スタートアップ フォルダを開く

それではさっそく、スタートアップにアプリを登録してみましょう!

今回は個別ユーザーのスタートアップを設定しますが、全ユーザーを一括で設定する場合はこちらを参照してください。

全ユーザーを一括スタートアップを設定

参考ページ【Windows10】スタートアップの設定方法(全ユーザー対応)

今回は起動時にブラウザ「Edge」を自動起動するように設定します。インターネットをよく使うなら自動起動しておいた方が便利ですからね。

まず自動起動したいアプリのショートカットをデスクトップに作成しておきます。ここではEdgeのショートカットを作成しました。

画面左下にあるWindows10のスタートボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「ファイル名を指定して実行」が開きます。「shell:startup」と入力して「OK」ボタンをおします。

 shell:startup

すると、現在のユーザーのスタートアップフォルダーが開きます。

スタートアップフォルダのパス 

スタートアップフォルダのフルパスはこちらです。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

日本語のパス

C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\
スタートメニュー\プログラム\スタートアップ
ユーザー名の注意点

パス中の「ユーザー名」にはログインしているユーザー名が入ります。ユーザー名が「tarou」なら、このようなパスになります。

C:\Users\tarou\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
ユーザーフォルダの注意点

「C:\Users」はエクスプローラーから見ると「C:\ユーザー」です。その表記で書くと下記になります。

C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\
Programs\Startup

このスタートアップフォルダにおいてあるアプリが自動起動されます。

スタートアップに登録する方法

それでは、最初に作成したアプリのショートカットをこのスタートアップフォルダへコピーします。

ここではEdgeのショートカットをこのフォルダーにコピーしました。

スタートアップフォルダにEdgeのショートカットが作成されました。これでEdgeをスタートアップへ登録することができました!

自動起動を確認する

それでは、パソコンを再起動して確認してみます。

Windows10起動後、デスクトップを見るとEdgeが自動起動しました。

これで毎回、Edgeを自分で開く手間がなくなりました。

このようによく使うアプリを自動起動したい場合、スタートアップに登録すれば簡単に自動起動できるので、ぜひ試してみて下さい!

以上、Windows10のスタートアップにアプリを登録して自動起動する方法でした。

コメント