【Windows10】アイコンについている青い矢印の正体

Windows10では、アイコンに青い矢印がついているものがあります。

  • ファイルのアイコンに青い矢印がついている
  • フォルダーのアイコンに青い矢印がついている
  • 青い矢印って何?

今回は、Windows10のアイコンについている青い矢印の正体について紹介します!

Windows10のアイコンについている青い矢印の正体

アイコンについている青い矢印は「圧縮」

Windows10のファイルやフォルダーのアイコンに「青い矢印」がついているものがあります。

このアイコンについている青い矢印は「圧縮されている」という意味です。

Windows10にはファイルやフォルダーを圧縮してファイルサイズを小さくする機能があります。ファイルが小さくなれば、空き容量が増えて使える容量が増える効果があります。

その「圧縮されたファイル」という目印がアイコンについた青い矢印です。この青い矢印があることで、通常のファイルと圧縮されたファイルを区別できるようになっています。

圧縮されていても、通常のファイルと同じように使えますので、特に使い方に違いはありません。

ファイルを圧縮する

それでは、ファイルを圧縮してアイコンがどのように変わるか見てみます。

こちらの左側のEXCELファイルは通常のファイルです。通所のEXCELのアイコンになっています。このファイルを圧縮してみましょう!

ファイルを右クリックして「プロパティ」をおします。

「プロパティ」の下の方にある「詳細設定」ボタンをおします。

「内容を圧縮してディスク領域を節約する」にチェックを入れて、「OK」ボタンをおします。

これでこのファイルを圧縮することができました。アイコンを見ると、青い矢印がつきましたね。

このように、ファイルを圧縮するとアイコンに青い矢印がつくということでした。今回はファイルを圧縮しましたが、フォルダでも全く同じです。

以上、Windows10のアイコンについている青い矢印の正体でした。

コメント