Windows10 ファイルやフォルダーを表示する方法

Windows10でパソコン内に作成したファイルやフォルダーを表示する方法を紹介します。

エクスプローラーを起動する

エクスプローラーから、パソコン内に作成したファイルやフォルダーを確認することができます。

また、USBメモリーやCD-ROMなどの外部媒体をパソコンに接続した場合は、それらの中にあるファイルやフォルダーも確認することができます。

では、さっそくエクスプローラーを起動してみましょう。

タスクバーからエクスプローラーを起動する

タスクバーのフォルダーの形をした「エクスプローラー」ボタンをクリックします。

エクスプローラー画面が表示されます。

ショートカットキーからエクスプローラーを起動する

ショートカットキーを押してエクスプローラーを起動することができます。

「Windows」キーと「E」キーを同時に押します。

エクスプローラー画面が表示されます。

ファイルやフォルダーを操作する

エクスプローラーからファイルやフォルダーを操作します。

目的のファイルやフォルダーを開くだけではなく、コピーや移動、削除なども行うことができます。

Windows10 ファイルをコピー・移動する(ドラッグ・マウス操作・右クリック)

フォルダーを開く

目的のフォルダーを開いてみましょう。

今回は、「ドキュメント」フォルダーを開いてみます。

フォルダーは、エクスプローラー画面の左側にある「ナビゲーションウィンドウ」からか、エクスプローラー画面の右側にある「メインウィンドウ」から開くことができます。

ナビゲーションウィンドウからフォルダーを開く

エクスプローラー画面左側の「ナビゲーションウィンドウ」の「ドキュメント」フォルダーをクリックします。

「ドキュメント」フォルダーの中身がメインウィンドウに表示されました。

メインウィンドウからフォルダーを開く

エクスプローラー画面右側の「メインウィンドウ」の「ドキュメント」フォルダーをダブルクリックします。

「ドキュメント」フォルダーの中身がメインウィンドウに表示されました。

「PC」の中のフォルダー = Cドライブをたどった先のフォルダー

余談ですが、ナビゲーションウィンドウの「PC」の中にあるフォルダーは、「Windows(C:) > ユーザー > ユーザー名」の中のにあるフォルダーと一致します。

「PC」の中にあるフォルダーにファイルなどを保存すれば、Cドライブをたどった先のフォルダーに保存されることになります。

本来であれば、Cドライブをたどって保存先を指定しなければいけないのですが、この「PC」の中のフォルダーを使用すると、とても簡単にCドライブをたどった先のフォルダーに保存することができます。

ファイルを開く

目的のファイルを開いてみましょう。

今回は、「ドキュメント」フォルダーの中の「ドキュメント.txt」を開いてみます。

前項で開いた「ドキュメント」フォルダーの中の「ドキュメント.txt」をダブルクリックします。

目的に応じて、ファイルを操作します。

以上、Windows10でファイルやフォルダーを表示する方法でした。