Windows10 EdgeでWebページをスタートメニューのタイルに追加する

スポンサーリンク

Windows10のEdgeでは、Webページをスタートメニューのタイルに追加することができます。

追加したタイルをクリックすると、自動的にEdgeが起動して対象のWebページが表示されるので、頻繁にみるWebページをタイルに追加しておくと便利です。

今回は、Windows10のブラウザ EdgeでWebページをスタートメニューのタイルに追加する方法を紹介します!

Webページをスタートメニューのタイルに追加するには

Windows10のタイル

Windows10のタイルとは、スタートメニューの右横にある大きなアイコンのことです。

ここに、Webページのタイルを追加していきます。

タイルにWEBページを追加しておくと、素早くWEBページを起動することができます。お気に入りのような機能ですね。

対象のWebページを表示する

Windows10のEdgeを起動し、タイルに追加したいWebページを表示します。

Webページをスタートメニューのタイルに追加する

Edgeの右上にある「設定など」ボタンをクリックします。

設定メニューが表示されるので、「このページをスタートにピン留めする」をクリックします。

「このタイルをスタートにピン留めしますか?」と表示されるので、「はい」ボタンをクリックします。

Windows10のスタートメニューのタイルにYahooのWebページが追加されました。

Webページをスタートメニューのタイルから削除する

タイルから削除する

Webページのタイルが不要になった場合は、アプリのタイルと同じようにタイルを削除することができます。

参考記事Windows10 よく使うアプリをタイルに追加する方法(お気に入り)

タイルを右クリックして「スタート画面からピン留めを外す」をクリックすると、対象のWebページのタイルを削除することができます。

このように、Windows10のEdgeで何度も繰り返し見たいWEBページがあったら、スタートメニューのタイルに追加してやると、素早く起動することができます。

スタートメニューをお気に入りのように使えて便利なので、ぜひ使ってみてください!

以上、Windows10のブラウザ EdgeでWebページをスタートメニューのタイルに追加する方法でした。

コメント