Windows10 モニターのブルーライトを軽減する方法

Windows10 ではモニターのブルーライトを軽減して少なくすることができます。今回はモニターのブルーライトを軽減する方法を解説します。

ブルーライトとは

パソコンのモニターからはブルーライトが出ています。このブルーライトと呼ばれる青い光は非常に強い光で、目の疲れの原因になるといわれています。

仕事で一日中モニターを見ている人やゲーム・インターネットをして長時間モニターを眺めている人にとって、ブルーライトによる目の疲れは大きな問題です。

Windows10ではこのブルーライトを減らすことができる機能があります。それではブルーライトを減らす設定を変更してみましょう!

モニターのブルーライトを軽減する方法

Windows10 でモニターのブルーライトを軽減するには、「夜間モード」に設定します。

まずデスクトップの右下にある「アクションセンター」をクリックします。

すると右側に黒い画面が表示されます。「展開」をおします。(展開されている場合はそのままで結構です)

すべて展開されました。この中にある「夜間モード」をクリックします。

 

するとモニターの色合いがだいぶ変わると思います。ブルーが減り、黄色っぽい画面に変わります。

 

これでブルーライトを減らして目に優しいモニターの色合いに変更することができました。

 

以上、Windows10でモニターのブルーライトを軽減する方法でした。

 

コメント