Windows10 Edgeの起動時に開くホームページを変更する

スポンサーリンク

Windows10のEdgeでは、起動時に開くホームページを変更することができます。

起動時に開くホームページはYahooやGoogleなど、よく見るページに変更しましょう!

今回は、Windows10のブラウザ Edgeの起動時に開くホームページを変更する方法を紹介します!

Edgeのホームページに設定できるWebページ

Windows10のEdgeを起動して最初に表示される画面を「ホームページ」といいます。

Edgeを起動すると、初期設定では「Microsoft News」がスタートページとして表示されます。

しかし、違うWebページをホームページにしたい場合もありますよね。そんなときは、自分好みのホームページに変更しましょう!

Edgeの起動時に開くホームページは、4種類から選択できます。

  • スタートページ
  • 新しいタブページ
  • 前回開いたページ
  • 特定のページ

スタートページ

「Microsoft News」の画面が設定されます。

新しいタブページ

新しいタブが設定されます。

前回開いたページ

Edgeで直近に開いたWebページが設定されます。

「履歴」の最上位に表示されているWebページです。

特定のページ

ホームページにしたいURLを自由に入力して設定します。+

Edgeのホームページを変更する

それでは、Windows10のEdgeで起動時に開くホームページを変更してみましょう!

初期設定はスタートページ

Edgeの画面右上にある「設定など」ボタンをクリックします。

「設定」をクリックします。

「Microsoft Edgeの起動時に開くページ」をクリックします。初期設定では「スタートページ」になっていますね。

「スタートページ」は「Microsoft News」が開きます。

新しいタブページに変更する

「Microsoft Edgeの起動時に開くページ」の「新しいタブページ」をクリックします。

「新しいタブページ」が設定されます。

Edgeを再起動すると、起動時に新しいタブページが開きます。

前回開いたページに変更する

「Microsoft Edgeの起動時に開くページ」の「前回開いたページ」をクリックします。

「前回開いたページ」が設定されます。

「前回開いたページ」とは直近に閲覧したWebページのことです。

「履歴」の最上位に表示されているWebページがホームページに設定されます。

Edgeを再起動すると、前回開いたWebページが開きました。この場合は「Google」が表示されました。

特定のページに変更する

「Microsoft Edgeの起動時に開くページ」の「特定のページ」をクリックします。

ホームページに設定したいWebページのURLを入力します。今回はGoogleにしてみました。

アドレスバーから対象のWebページのURLをコピーして貼り付けると入力ミスが防げます。

「設定」ボタンをクリックします。

URLが追加されます。

Edgeを再起動すると、先ほどURLを設定した「Google」が表示されました。

これで、Edgeの起動時に開くページを自由に変更することができました。

以上、Windows10のブラウザ Edgeの起動時に開くホームページを変更する方法でした。

コメント