Windows10 EdgeにGoogle Chromeのブックマークを取り込む方法

Windows10では、EdgeにGoogle Chromeのブックマーク(お気に入り)を取り込むことができます。

Windows10では、Edgeが標準のブラウザーとして搭載されていますが、Edgeの初期の状態では、お気に入りの情報は空です。

Google Chromeを使用していてEdgeに切り替えようと思ったときに、お気に入りなどの情報をもう一度登録しなおすのはとても大変です

しかし、Edgeには他のブラウザーのお気に入りの情報を取り込める機能があるんです!

今回は、Windows10に標準搭載されているEdgeにGoogle Chromeのブックマーク(お気に入り)の情報を取り込む方法を紹介します。

Google Chromeは、以下「Chrome」と表記します。

EdgeにGoogle Chromeのブックマーク(お気に入り)を取り込む

Google Chromeのブックマークの情報を確認する

Windows10のEdgeにChromeのブックマークを取り込む前に、Chromeのブックマークはどのような状態になっているのか確認してみましょう。

まず、Chromeを起動します。

参考ページWindows10 アプリを起動する方法

Chromeのホームページが表示されます。

画面右上の「設定」をクリックし、「ブックマーク(B)」>「ブックマークマネージャ(B)」の順にクリックし、ブックマークを表示します。

ブックマークに登録されているWEBサイトが表示されます。

このブックマークをEdgeに取り込みます。

EdgeにChromeのブックマークの情報を取り込む

では、Chromeのブックマークの情報をWindows10のEdgeに取り込んでみましょう!

Edgeを起動し、画面右上の「ハブ」ボタンをクリックし「お気に入り」を表示します。

この状態では、お気に入りには何もブックマーク(お気に入り)がありません。

「お気に入りのインポート」をクリックします。

「インポート」とは「取り込む」という意味です。

「Chrome」を選択します。

「ユーザー情報のインポート」のブラウザーの選択肢には、パソコンにインストールされているブラウザーが表示されます。

「インポート」ボタンをクリックします。

インポートが完了すると、「すべて完了しました」と表示されます。

ブックマークだけでなく、閲覧の履歴などの情報もインポートされます。

ChromeからEdgeに取り込んだお気に入りを確認する

ブックマーク(お気に入り)のインポートが完了したときに表示される「ユーザー情報のインポート」画面の「インポートしたお気に入りを表示」をクリックします。

再度、「ハブ」ボタンをクリックし、「お気に入り」を表示することもできます。

「お気に入り」が表示されます。

Edgeのお気に入りとChromeのブックマークのお気に入りを比較してみると、同じ情報が表示されていることがわかります。

これで、Google Chromeのブックマーク(お気に入り)をWindows10のEdgeに引っ越しすることができました!

以上、Windows10に標準搭載されているEdgeにGoogle Chromeのブックマークを取り込む方法でした。

コメント