Windows10 Edgeで検索エンジンをGoogleに変更する

Edgeでは、マイクロソフト社が提供している「Bing(ビング)」という検索エンジンを利用してWebページを検索します。

「検索エンジン」とは、入力されたキーワードをもとにインターネット上の情報を探し出し、関連するWebページを表示するシステムのことです。

検索エンジンには、BingのほかにGoogleやYahoo!JAPANなどがあり、好みの検索エンジンに変更することができます。

今回は、Windows10に標準搭載されているEdgeで検索エンジンをGoogleに変更する方法を紹介します。

Edgeで初期設定されている検索エンジンはBing

Edgeの検索エンジン

Edgeでは、「Bing」が既定の検索エンジンとして設定されています。

Bingで検索したときの検索結果は、このように表示されます。

Edgeの検索エンジンをGoogleに変更する

今回は、Edgeの検索エンジンを初期設定されているBingからGoogleに変更します。

検索エンジンにGoogleを表示する

Edgeの検索エンジンを変更するには、あらかじめ変更後の検索エンジンを利用する必要があります。

変更後の検索エンジンを利用したことがない場合は、まず始めに、Edgeで変更したい検索エンジンを表示します。

アドレスバーにキーワードを入力し、「Google」を検索します。

Bingで検索された結果が表示されます。

検索結果から「Google」をクリックし、GoogleのWebページを表示します。

検索エンジンをGoogleに変更する

Edgeの画面右上にある「設定など」ボタンをクリックします。

「設定」をクリックします。

「詳細設定を表示」をクリックします。

「検索エンジンの変更」をクリックします。

検索エンジンの一覧から「Google検索(自動検出)」をクリックします。

この時点では、「Bing」が既定の検索エンジンとなっています。

検索エンジンの一覧には、過去に利用したことのある検索エンジンしか表示されません。

「既定として設定する」をクリックします。

「Google」が既定の検索エンジンに変更されました。

EdgeでGoogle検索してみる

再度Edgeを起動し、アドレスバーにキーワードを入力して検索してみます。

Googleでの検索結果が表示されたので、検索エンジンがBingからGoogleに変更されたことが確認できます。

 

自分の好みの検索エンジンに変更して、Edgeでの検索もスムーズに行えるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

以上、Windows10に標準搭載されているEdgeで検索エンジンをGoogleに変更する方法でした。

コメント