Windows10 Edgeの画面構成

「Edge」はWindows10で新しく標準搭載されたブラウザーです。

今回は、Edgeの画面構成を説明します。

Edgeの画面構成

Edgeの画面上部には「タブ」があります。

タブごとに異なるWebページを表示することができます。

タブの下には、アドレスバーやさまざまなボタンが用意されています。

Edgeの画面を4つの部分に分けて説明します。

  1. 画面上部
  2. 画面上部左側
  3. アドレスバー
  4. 画面上部右側

画面上部・画面上部左側

タブ

タブごとに異なるWebページを表示することができます。

タブをクリックして、表示するWebページを切り替えます。

新しいタブ

クリックすると新しいタブが開きます。

「戻る」ボタン

ひとつ前に閲覧していたWebページに移動します。

「進む」ボタン

「戻る」ボタンを使用した場合に、ひとつ後に閲覧していたWebページに移動します。

「最新の情報に更新」ボタン

表示しているWebページを最新の状態に更新します。

「ホーム」ボタン

Edgeの起動時に表示されたWebページが表示されます。

このWebページは、「設定など」ボタンから変更することもできます。

アドレスバー

WebページのURLや検索キーワードを入力します。

画面上部右側

「読み取りビュー」ボタン

記事とは関係ない画像や広告などを取り除いて、Web ページの中の必要な情報だけを表示することができます。

ただし、読み取りビューに対応したWebページのみ「読み取りビュー」ボタンが表示されます。

「お気に入りまたはリーディングリストに追加」ボタン

よく見るWebページを「お気に入り」や「リーディングリスト」に登録することができます。

「ハブ」ボタン

登録した「お気に入り」や「リーディングリスト」、Webページを閲覧履歴である「履歴」、ファイルなどのダウンロード履歴である「ダウンロード」が表示されます。

「ノートの追加」ボタン

表示したWebページに手書きのメモを追加することができます。

追加した内容は、OneNote、お気に入り、リーディングリストに保存できます。

「共有」ボタン

表示したWebページメールで送信したり、FacebookやTwitterなどのSNSに送信したりできます。

「設定など」ボタン

画面の拡大/縮小や、表示したWebページの印刷設定など、Edgeに関するさまざまな設定ができます。

 

以上、Edgeの画面構成を説明しました。

コメント