Windows10 アプリの実行ファイルの場所(パス)を確認する方法

Windows10 では、アプリの実行ファイルの場所(パス)を確認することができます。

インストール済みのアプリの実行ファイルがどこにあるのかわからず、困ってしまうケースがあります。

今回は、アプリの実行ファイルの場所(パス)を確認する方法を紹介します!

アプリの実行ファイルの場所(パス)を確認する方法

それではさっそく、アプリの実行ファイルの場所(パス)を確認していきましょう!

タスクマネージャーのファイルの場所

アプリの実行ファイルの場所を調べるには、「タスクマネジャー」を使用します。

まずは画面下にあるタスクバーの上で右クリックし、「タスクマネジャー」をひらきます。

「タスクマネジャー」が開きます。

実行ファイルを確認したいアプリを選択し、右クリックをして「ファイルの場所を開く」をクリックします。今回はタスクマネジャーの実行ファイルの場所を開いてみます。

すると、エクスプローラーが起動し、実行ファイルのある場所とファイルが表示されます。丁寧にファイルが選択された状態になっています。わかりやすいですね。

タスクマネージャーは「C:\Windows\System32\Taskmgr.exe」という実行ファイルであることがわかりました。

このように、Windows10のタスクマネージャー「実行ファイルの場所」で、実行ファイルの場所(パス)を確認することができました。

以上、Windows10 でアプリの実行ファイルの場所(パス)を確認する方法でした。