Windows10 CPU・メモリの使用率を確認する方法

Windows10 では、CPU・メモリの使用率を確認することができます。

パソコンの動作が重くなってきたらCPU・メモリの使用率を確認して原因を追究した方がよいですね。

今回は、CPU・メモリの使用率を確認する方法を紹介します!

パソコンの動作が重い・遅い

Windowsパソコンを使っていると、動作が重くなり、遅くなる場合があります。

  • ある日から、急に重くなった
  • だんだん遅くなってきている

様々なケースが考えられますが、動作が遅い原因の1つにアプリがあります。アプリが動作しているために、パソコンの処理が重くなるのです。

原因で一番考えられるのが、アプリです。原因となるアプリを探しましょう!

パソコンが重くなったら、何が原因なのか?を探ることが重要です。

CPU・メモリの使用率を確認する方法

Windows10 では、CPU・メモリのアプリごとの使用率を確認することができます。

これで「どのアプリが重いのか?」を特定できます。

まずは画面下にあるタスクバーの上で右クリックし、「タスクマネジャー」をひらきます。

「タスクマネジャー」が開きます。

CPUの使用率

まずはCPUの使用率を確認します。

「タスクマネジャー」の「パフォーマンス」タブをクリックします。「CPU」をクリックすると、CPUの使用率がグラフ表示され、現在の使用率がグラフの下に表示されます。

ここではCPUの使用率は「5%」なので、ほとんどCPUは使用されていないことがわかりました。

動作が重いパソコンでは、CPU使用率が高い場合が多いので、チェックしてみてください。

CPUを論理プロセッサ別に使用率を確認する

上のCPUのグラフはCPU全体の使用率でした。論理プロセッサ、つまりスレッド毎に使用率を見ることもできます。

CPUのグラフの上で右クリックをします。「グラフの変更」→「論理プロセッサ」をクリックします。

すると、グラフがスレッドごとに4つにわかれました。このパソコンでは4つでしたが、お使いのパソコンによってスレッドの数は違うかと思います。これでより詳細な分析ができますね。

メモリ使用率

次にメモリの使用率を確認します。

左サイドバーの「メモリ」をクリックすると、メモリ使用率のグラフが表示されます。グラフの下には使用中のメモリ、利用可能な残りのメモリが表示されます。

ここでは使用中のメモリは3GB、残りのメモリは4.8GBでした。まだまだ余力のあることがわかりました。

動作が重いパソコンでは、残りのメモリがほとんどない場合が多いので、チェックしてみてください。

メモリ容量・メモリ種類

補足ですが、現在のメモリ容量・種類はグラフの右上に表示されています。

メモリ容量は「8GB」、メモリ種類は「DDR3」でした。

 

以上、Windows10でCPU・メモリの使用率を確認する方法でした。

 

コメント