Windows10の種類(エディションの違い・比較)

スポンサーリンク

Windows10の種類について、おもにエディション・販売形態の違いについて比較してみます。

  • Home・Pro・Enterprise・Educationの違いは何?
  • パッケージ版・DSP版・OEM版の違いは何?
  • 結局、どれを買えばいいの?

このようにWindows10の種類について、たくさんあって違いがよくわからなかったり、購入する際にどれを購入すればいいのかよくわかりませんね。

今回は、Windows10の種類(エディションの違い・比較)について紹介します!

Windows10の種類

エディション

まずは押さえておきたいのが、Windows10のエディションです。

このエディションによって機能が異なります。機能が違うということは、もちろん価格も違います。

  1. Home
  2. Pro
  3. Enterprise
  4. Education

4つのエディションの比較

エディション 対象 機能 販売形態
Home 個人 スタンダードな機能 パッケージ版
DSP版
OEM版
Pro 個人 or
小規模企業
企業用機能あり パッケージ版
DSP版
OEM版
Enterprise 企業 大規模管理機能あり
Education 教育機関 教育用機能あり

販売形態

Windows10の「Home」「Pro」は普通のお店やインターネットから購入することができます。

そのときに、2つのエディション「Windows10 Home」「Windows10 Pro」には、販売形態が3つあります。ここがややこしいですよね。

  1. パッケージ版
  2. DSP版
  3. OEM版

まとめると、Windows10はエディションが4つあり、販売形態が3つあるということです。

 

Windows10のエディション

利用用途によって選択するエディションが異なる

Windows10の4つのエディション(Home・Pro・Enterprise・Education)がありました。そもそも、どれを選択したらいいのでしょうか?

実は、利用する用途(環境)によって、選択するエディションが大体決まってきます。

例えば、「個人」なのか「企業」なのか「教育機関」なのかによってエディションを絞ることができます。

  • 個人で使用する・・・Home / Pro
  • 中小企業で使用する・・・Pro / Enterprise
  • 大企業で使用する・・・Enterprise
  • 教育機関で使用する・・・Education

大企業・教育機関でWindows10を使用する

例えば、大企業でWindows10を利用する場合は、選択肢は「Enterprise」しかありません。

同様に、教育機関も選択肢は「Education」しかありません。

他のエディションも利用できないことはないですが、かなり管理が大変で現実的ではありません。

個人・中小企業でWindows10を使用する

「どのエディションにすればいいのかわからない・・・」

という状況になるのが、「個人」もしくは「中小企業」です。

個人の場合、「Home」か「Pro」から選択します。中小企業の場合、「Pro」か「Enterprise」を選択します。

HomeとProの違い

まずは、Windows10 の「Home」と「Pro」の違いについてです。「Home」にはなくて「Pro」にある大きな特徴としては、

    1. ドメイン管理できる
    2. リモートデスクトップが使える
    3. BitLockerで暗号化できる
    4. Hyper-Vで仮想マシンが使える

という点です。

これら4つの機能が必要であれば「Pro」を選択し、必要なければ「Home」を選択します。

HomeとProの違いについての詳細はこちらを参照してください。

参考ページ【Windows10】HomeとProのザックリとした違い

 

Windows10の販売形態

Windows10の「Home」「Pro」は普通のお店やインターネットから購入することができます。

そのときに、2つのエディション「Windows10 Home」「Windows10 Pro」には、販売形態が3つあります。ここがややこしいですよね。

  1. パッケージ版
  2. DSP版
  3. OEM版

パッケージ版

「パッケージ版」はお店やインターネットで買うことができます。購入するとWindows10のUSBメモリとプロダクトキーがもらえます。

どのパソコンにインストールして使ってもいいのがパッケージ版の最大の特徴です。

Windows10の中でパッケージ版はDSP版・OEM版より値段は高いですが、パソコンが限定されず自由に使えるのがメリットです。DSP版・OEM版は制約があります。

DSP版

「DSP版」はパソコンのパーツとセットで買うと少し安く買うことができる販売形態です。

Windows10 DSP版をOS単体で購入する事はできません。

パッケージ版より1,700円(Home)ほど安いのが魅力的です。安いですが、使用条件は限定されます。

例えば、ハードディスクとWindows10 DSP版を同時購入し、その後、そのハードディスクが壊れてしまった場合。

新たにハードディスクを購入し、Windows10 DSP版をインストールしたくても、このDSP版は使えません。

パーツとセットになったライセンスなので、DSP版と同時に購入したパーツが組み込まれていないパソコンでは使えないのです。

もちろんパソコンを新たに購入した場合、新しいパソコンを自作した場合でもDSP版は使えないので注意してください。(DSP版と同時に購入したパーツを流用すれば使えます)

DSP版は使用制限のあるライセンスなので、それを許容できれば値段が安いのでお得です。

OEM版

OEM版(Original Equipment Manufacturer)はパソコンに最初からインストールされているライセンスです。

メーカー製パソコンを購入すると最初からWindows10がインストールされて、使える状態になっています。これがOEM版です。

OEM版はパソコンの価格に含まれているので、別途お金を払う必要はありません。

OEM版の正確な価格は不明です。マイクロソフトとパソコンメーカーとの取り決めで決まっているのだと思われます。

Windows10 OEM版の価格はパッケージ版・DSP版と比べてもっとも安いとされています。

それは購入したメーカー製パソコンでしか使えない限定されたWindowsだからというのと、パソコンメーカーが大量にWindowsを買ってくれるので割引されているのだと推測します。

初心者はOEM版でいいのですが、そうでない人はちょっと使いづらいかもしれません。

 

以上、Windows10の種類(エディションの違い・比較)についてでした。

コメント