HDDをUSB3.0にさして外付けHDDのように使う(SATA-USB3.0変換ケーブル)

HDD(ハードディスク)は通常パソコン内蔵で使いますが、USB3.0に直接さして外付けHDDのように使うことができます。

これが非常に便利なんです!

今回はHDD(ハードディスク)をUSB3.0に直接さして外付けHDDのように使いましょう!

HDDをUSB接続するととても便利!

HDD(ハードディスク)は通常内蔵で使いますが、USBで外付けにするととても便利です!

ちなみに、ここでいうHDDをUSB接続して使うというのは、製品として売られているいわゆる「外付けHDD」ではありませんよ。

HDDをむき出しの状態でUSBで使うという意味です。外付けHDDのようにケースはありません。

HDDをUSBで使うメリット

HDD(ハードディスク)をUSBで使うメリットはいくつかあります。

  • HDDの中身を確認したいときに、すぐに中身を確認できる
  • ちょっとだけ使いたいときに気軽に使える(PCケースを開けて内蔵するのはとても面倒)
  • 外付けHDDよりコストパフォーマンスがいい
  • 他に依存しない(外付けHDDはHDD以外の故障でも使えなくなる)
  • 省エネ(HDDを内蔵すると温度が上昇するので無駄、電気代もかかる)
  • 普段は通電していないので、HDDが長持ちする(かも)

とても便利なので、HDD(ハードディスク)をUSBで使ってみましょう!

HDDをUSB3.0にさして外付けHDDのように使う

SATA-USB変換ケーブルが必要

HDDをUSBで使うには、「SATA-USB変換ケーブル」が必要です。

アマゾンを探せばたくさん商品がでてきます。おススメはUSB3.0に対応していて、口コミがそこそこなもの。

今回は、サンワサプライのSATA-USB3.0変換ケーブル「USB-CVIDE3」にしてみました。

中身はこんな感じです。電源ケーブル、USBケーブル、SATAコネクタです。

HDDをUSB3.0にさす

SATAコネクタの形状を確認します。

下が「HDD」です。上が「SATA-USB変換ケーブル」です。「SATA-USB変換ケーブル」のコネクタは、SATAコネクタと電源コネクタがセットになっていて、まとめてさすことができます。

こちらが「HDD」に「SATA-USB変換ケーブル」のコネクタをつないだところです。向きがあうようにきちんと差し込みます。

このままだと使えません。ケーブル差込口のところに電源スイッチがついているので、この電源スイッチを入れます。

すると、電源ランプが光り、HDDが動き出します。

しばらくすると、Windows10で認識され、エクスプローラーでも使えるようになります。

Windows10のエクスプローラーから確認すると、USB接続しているHDDは通常の内蔵HDDと見た目は変わりませんね。

もちろん使い勝手も同じです。書き込んだり、コピーしたり、削除したり、写真みたり、動画見たりなんかも普通にできます。

HDDをUSBで使うおススメの使い方

HDDをUSBで使うおススメの使い方があります。それは「バックアップ」です。

個人では、NASなど多重化したストレージでバックアップするのが一番ですが、コストがかかります。簡単に安く済ませようとしたら、このHDDをUSBで使うのがおススメです。

例えば、4TBのHDDをバックアップ用にします。これに週に一度、もしくは月に一度バックアップしていきます。

普段は棚にしまっておき、バックアップのときだけHDDを使います。

バックアップ用のHDDを内蔵にしてしまうのはちょっと非効率です。熱をもち、HDDの寿命は少しずつ縮んでしまう可能性がありますから。

外付けにすれば、使いたいときだけ通電するので、HDDの寿命も少しは伸びるかと思われます。

まとめ

HDDをSATA-USB変換ケーブルを使ってUSB接続して使うまとめをします。

  • HDDをUSB接続するには、SATA-USB変換ケーブルが必要
  • 簡単にHDDを接続できて便利
  • 外付けHDDより安い
  • バックアップでHDDをUSB接続するのがおススメ

以上、SATA-USB変換ケーブルを使って、HDDをUSB3.0にさして外付けHDDのように使う方法でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする