MBRディスクとGPTディスクの違い

スポンサーリンク

Windows10では、ハードディスクおよびSSDを初期化する際には「MBRディスク」と「GPTディスク」のいずれかで初期化します。

  • MBRディスク
  • GPTディスク

MBR・GPTというのは、パーティション種類のことで、どういう形式でハードディスク・SSDを使うのか?ということです。

このMBRディスクとGPTディスクの違いについてザックリと紹介します!

MBRとGPT

MBR

MBR(Master Boot Record)はマスターブートレコードのことです。従来より使用されてきた旧式です。

MBRは1つのディスクに複数のOSをインストールする「マルチブート」にも対応しています。

パーティション

MBRのパーティションは「プライマリパーティション」「拡張パーティション」「論理ドライブ」があります。

  • プライマリパーティション
  • 拡張パーティション
  • 論理ドライブ

MBRでは「プライマリパーティション」は4つまで作成できます。5つ以上のパーティションを作成する場合は、「拡張パーティション」を使います。

「プライマリパーティション」は「拡張パーティション」にすることができ、「拡張パーティション」の中にはいくつも「論理ドライブ」という論理的なパーティションを作ることができます。

「プライマリーパーティション」で数が足りない場合に、「拡張パーティション」を作成し、「拡張パーティション」の中に「論理ドライブ」を作成して数を増やしていきます。

 

制約

最大2TBまでの容量制限があります。

GPT

GPT(GUID Partition Table)はGUIDパーティションテーブルのことです。GPTは大容量に対応した新しい形式です。

GPTはUEFIに対応したマザーボードであればOSを起動できます。

GPTは1つのディスクに複数のOSをインストールする「マルチブート」に基本的には対応していません。しかし、マルチブートさせる方法はあるようです。

パーティション

GPTのパーティションはシンプルです。MBRのようなプライマリパーティション、拡張パーティションのような区別はありません。

パーティションを128まで作成できます。

制約

容量制限がなく2TB以上も対応可能です。

MBRディスクとGPTディスクの違い

MBRディスクとGPTディスクの違いをまとめます。

  MBR GPT
容量 2TBまで 8ZBまで
パーティション 4まで(拡張パーティションを使えば5以上も可能) 128まで
Windows10 使用可能 UEFI対応マザーボードであれば使用可能

 

以上、MBRディスクとGPTディスクの違いについての解説でした。

コメント

  1. 通りすがり より:

    初心者向けの解説記事を書かれているようですが、内容の精査は大丈夫でしょうか?
    >MBRはマルチブートにも対応しています。
    とありますが、GPTはマルチブートは不可ということでしょうか?
    また、
    >MBRのパーティションは「プライマリパーティション」と呼びます。
    とありますが、これは「MBRのパーティション」=「プライマリパーティション」と誤解を招きかねません。誤った知識を広げる原因になると思われますので、再度確認の上、記事の修正をよろしくお願いします。

    • 鎖の人 より:

      ご指摘ありがとうございます!
      誤解させるような内容になっていた点、わかりにくい点を修正しました。