Windows10 ドライブをエラーチェックする方法

Windows10ではドライブのエラーをチェックをすることができます。

ハードディスクやSSDは読み書きを繰り返しているため、エラーが発生することがあります。そのまま放置しておくと、ハードディスクやSSDが故障する可能性もあります。

そうならないよう、事前にドライブのエラーチェックをしておきましょう!

今回はドライブのエラーチェックをする方法を紹介します!

ドライブをエラーチェックする方法

それではさっそく、Windows10でドライブのエラーチェックをしていきましょう!

エクスプローラー

まずはエクスプローラーを開きます。エクスプローラーのドライブ(Cドライブ、Dドライブ)でエラーチェックしたいドライブを選択し、右クリックします。「プロパティ」をクリックします。

エラーチェック

「ツール」タブからエラーチェックの「チェック」ボタンをクリックします。

「ドライブのスキャン」をクリックします。

すると、ドライブのスキャンがはじまります。

しばらくすると、エラーチェックが完了します。今回はエラーは検出されませんでした。

エラーチェック詳細を確認する

「お使いのドライブは正常にスキャンされました」の左下にある「詳細の表示」をクリックすると、より詳細なエラーチェックのログが確認できます。

「詳細の表示」をクリックすると、イベントビューアーが起動します。上にはエラーチェックしたイベントが表示されます。今回の日付のエラーチェックを選択すると、下にエラーチェックの詳細結果が表示されます。

これでドライブのエラーをチェックをし、エラーがないことを確認することができました。

以上、Windows10でドライブのエラーチェックをする方法でした。