Windows10 ディスククリーンアップで不要なファイルを削除

Windows10 では不要なファイルを削除してハードディスク・SSDの空き容量を増やすことができます。

空き容量を増やすには、使用していない不要なファイルを削除する「ディスククリーンアップ」をするのが最適です。

今回はディスククリーンアップの方法を解説します!

ディスククリーンアップで不要なファイルを削除する

Windows10 では知らないうちにどんどん不要なファイルがたまってしまい、動作が遅くなったり、ハードディスクの空き容量が少なくなってしまいます。

こんなときは、ディスククリーンアップをします。ディスククリーンアップをすると不要なファイルを削除して、ディスクの空き容量を増やすことができます。

ディスククリーンアップの方法

それではさっそくディスククリーンアップを実施します。

スタートメニューから「Windows 管理ツール」をクリックし、「ディスククリーンアップ」をクリックします。

「ディスククリーンアップ」が起動します。削除するファイルをチェックします。特に削除して困るファイルがなければ、全部選択し、最後に「OK」ボタンをおします。

この例では、ディスククリーンアップを実行すると、空き容量が「113MB」増えることがわかります。

また、「システムファイルのクリーンアップ」といのがあります。これは文字通りシステム系のファイルを削除するという意味で、おもにWindows10以前のWindowsに戻す際のファイルも削除されます。

完全に削除したい場合はこの「システムファイルのクリーンアップ」を実施してもいいかもしれません。

確認が表示されるので、「ファイルの削除」をクリックします。

ファイルが削除されます。終了すると自動的に画面が閉じます。

これで、Windows10 のディスククリーンアップは完了しました。今回はハードディスクの空き容量を113MB分、増やすことができました。

以上、Windows10 で不要なファイルを削除するディスククリーンアップの解説でした。