NTFS・FAT32・exFATのザックリとした違い・比較

NTFS・FAT32・exFATのザックリとした違い・比較について解説します。

Windows10でハードディスク、SSD、USBメモリ、外付けHDD、SDカードなどを使用するときは、最初にフォーマットする必要があります。

断片化でディスクが遅くなった場合もフォーマットをすると有効です。

このフォーマット形式は大きくわけると3つあります。

  1. NTFS
  2. FAT32
  3. exFAT

今回はこの3つのファイルシステム(NTFS・FAT32・exFAT)について紹介します!

NTFS・FAT32・exFATの違い

NTFS・FAT32・exFATの違いについて比較してみます。

Windows10では「ディスクの管理」からNTFS・FAT32のどちらでフォーマットされたのかがわかります。

NTFS

「NTFS」はNT File System (NTFS)といいます。

Windows NT系の標準ファイルシステムです。現在のWindows10でもメインで使用されているファイルシステムで、HDDやSSDはほぼNTFSですね。

FAT32

「FAT32」はFile Allocation Table(FAT32)といいます。

FAT32は以前の主流でした。今でも使用されていますが、容量的に時代にあわなくなりつつあります。

exFAT

「exFAT」はExtended FAT(exFAT)といいます。

USBメモリ、SDカードなどのフラッシュドライブで使用されます。外部ストレージに特化したファイルシステムです。

NTFS・FAT32・exFATの比較

NTFS・FAT32・exFATの違いについて比較してみます。

  NTFS FAT32 exFAT
最大ボリュームサイズ 16EB 2TB
1ファイルの最大サイズ 16TB 4GB 16EB

FAT32は容量サイズ的にも現在の大容量時代には合わなくなっています。Windows10では通常NTFSを使用し、USBメモリやSDカードではexFATが主流です。

 

以上、NTFSとFAT32とexFATのザックリとした違い・比較でした。

コメント