Windows10 フォルダーの表示方法を統一する方法

フォルダーの表示方法を用途に応じて変更すると便利なことは、以前紹介しました。

→ Windows10 エクスプローラーの表示方法を変更する方法

この方法では、現在開いているフォルダーに対してのみ変更が適用されます。

フォルダーごとに表示方法を変更すると、フォルダー全体で見たときに表示方法が違ってしまい見にくい、なんてことも。

しかし、フォルダーをひとつずつ変更して表示方法を統一するのは大変な作業です。

では、フォルダーの表示方法を一度に変更できたら便利ではありませんか?

今回は、Windows10でフォルダーの表示方法を統一する方法を紹介します。

フォルダーの表示方法を統一するには

フォルダーを選択する

まず、対象のフォルダーを選択します。

エクスプローラーのアイコンをダブルクリックするか、エクスプローラーの左側のナビゲーションウィンドウから対象のフォルダをクリックします。

フォルダーオプションを表示する

フォルダーオプションでフォルダーの表示方法を統一します。

エクスプローラーのタイトルバーの下にある「リボン」と呼ばれる部分からフォルダーオプションを表示します。

リボンが表示されていない場合は、リボンを表示します。

タイトルバーの右端(「×」ボタン付近)の下にある下矢印ボタンをクリックします。

リボンが表示されます。

「表示」タブをクリックします。

リボンの「オプション」をクリックします。

フォルダーオプションが表示されます。

フォルダーの表示方法を統一する

フォルダーオプションの「表示」タブをクリックします。

「表示」タブが表示されるので、「フォルダーに適用(L)」をクリックします。

「フォルダーの表示」ダイアログが表示されるので、「はい(Y)」ボタンをクリックします。

再び、フォルダーオプションが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

これで、フォルダーの表示方法を統一することができました。

フォルダーの種類って何?

ところで、フォルダーオプションの「フォルダーに適用(L)」の説明に、

「この表示方法(詳細表示やアイコンなど)をこの種類のフォルダーすべてに適用することができます。」

と書かれていますが、「この種類のフォルダー」ってなんでしょう?

実は、フォルダーにはあらかじめ種類が割り当てられていて、フォルダーの種類ごとにフォルダーの表示方法が統一されるということなんです。

では、フォルダーの種類はどこで確認できるのでしょうか?

フォルダーの種類を確認するには

フォルダーの種類は、対象のフォルダのプロパティから確認できます。

プロパティを表示する

タイトルバーからプロパティを表示する

タイトルバーの「プロパティ」ボタンをクリックします。

対象のフォルダのプロパティが表示されました。

ショートカットメニューからプロパティを表示する

対象のフォルダーを右クリックします。

ショートカットメニューが表示されます。

ショートカットメニューから「プロパティ(R)」をクリックします。

対象のフォルダのプロパティが表示されました。

フォルダーの種類を確認する

対象のフォルダのプロパティの「カスタマイズ」タブをクリックします。

「カスタマイズ」タブの内容が表示されます。

この場合、画面に「ドキュメント」と表示されています。

このフォルダの種類は「ドキュメント」だということがわかります。

「フォルダーの種類」の下矢印ボタンをクリックすると、すべてのフォルダーの種類が表示されます。

5つのフォルダーの種類が選択できます。

  • 全般
  • ドキュメント
  • ピクチャ
  • ミュージック
  • ビデオ

このフォルダーの種類ごとに、フォルダーの表示方法を統一することができます。

必要に応じてフォルダーの種類を変更することもできます。

まとめ

フォルダーの種類ごとにフォルダーの表示方法を統一することができます。

選択したフォルダがドキュメントフォルダーの場合、コンピューターに保存されているすべてのドキュメントフォルダーに保存されているファイルの表示方法を統一することができます。

それぞれのフォルダーの種類ごとに、自分にあった表示方法に統一してみてはいかがでしょうか。

以上、Windows10でフォルダーの表示方法を統一する方法でした。