Windows10 スタートメニューの構成

Windows10のスタートボタンをクリックするとメニュー画面が表示されます。

これを、「スタートメニュー」といいます。

今回は、Windows10のスタートメニューの構成を解説します!

スタートメニューの表示

それでは、さっそくスタートメニューを表示してみましょう。

画面左下の「スタート」ボタンをクリックします。

スタートメニューが表示されました。

スタートメニューの構成

スタートメニューは、3つのパーツで構成されています。

  1. パソコンの基本的な機能
  2. アプリの一覧
  3. アプリを起動するためのアイコン(このアイコンを「タイル」とよぶ。)

それでは、各パーツの構成を細かく見ていきましょう。

パソコンの基本的な機能

スタートメニューの一番左側に表示されるボタンについて説明します。

下から、「電源」「設定」「ドキュメント」「アカウント」といった、パソコンの基本的な機能が並んでいます。

 電源

クリックするとスリープ、シャットダウン、再起動の3つのメニューが表示されます。

 設定

クリックすると設定画面が表示されます。

ここから、Windowsの設定を行うことができます。

 ドキュメント

クリックするとエクスプローラー画面が表示されます。

フォルダやファイルを操作することができます。

 アカウント

マウスポインタをあわせると、サインインしているユーザー名が表示されます。

クリックするとアカウントの変更、ロック、サインアウトの3つのメニューが表示されます。

アプリの一覧

パソコンにインストールされているアプリの一覧が表示されます。

アルファベット、50音順に整理されています。

アプリの頭文字検索

インストール済みのアプリを頭文字から簡単に検索することができます。

一番上の「最近追加されたもの」、もしくはアルファベット、50音をクリックします。

インストール済みのアプリのアルファベット、および50音が表示されます。

検索したいアプリの頭文字をクリックします。

 

選択した頭文字から始まるアプリ一覧が表示されます。

アプリの一覧画面に戻るには、左上の時計アイコンをクリックします。


アプリを起動するアイコン「タイル」

グループごとに分類されたタイルが表示されます。

よく使うアプリをタイルに追加することで、簡単にアプリを起動することができます。

Windows10 よく使うアプリをタイルに追加する方法(お気に入り)

 

以上、Windows10のスタートメニューの解説でした。

 

 

コメント