Windows10 OneDriveを利用する方法

パソコンの物理的な容量には限りがありますよね。

特に、ノートパソコンは内臓されているハードディスクの容量が少なく、写真などサイズの大きいファイルを保存すると容量オーバーになってしまうこともしばしば…。

外付けでハードディスクやUSBメモリーなどの記憶媒体を接続して容量を増やすこともできますが、もっと簡単に容量を増やす方法があるんです!

それが、「OneDrive」なんです!

今回は、Windows10でOneDriveを利用する方法を紹介します。

OneDriveとは

OneDrive(ワンドライブ)とは、マイクロソフトが提供しているWeb上のファイルの保存場所の名前です。

マイクロソフトアカウントを取得すると、無料で5GBのOneDriveを利用できます。

参考記事: Windows10 マイクロソフトアカウントとローカルアカウントの違いとは?

OneDriveってこんなに便利!

OneDriveを利用すると、こんなに便利なんです。

  • ファイルをUSBメモリーなどの記憶媒体で持ち歩く必要がない
  • インターネットに接続できる環境さえあれば、いつでもどこでも接続できる
  • タブレット端末やスマートフォンなど、パソコン以外の媒体からも閲覧・編集できる

OneDriveを利用するには

OneDriveを利用するには2通りの方法があります。

  • ブラウザーでOneDriveのWebページを開いて操作する方法
    参考ページ: https://onedrive.live.com/about/ja-jp/
  • Windows10のエクスプローラーの「OneDrive」フォルダーから操作する方法

ただし、Windows10のエクスプローラーからOneDriveを利用するには、あらかじめマイクロソフトアカウントの登録が必要です。

マイクロソフトアカウントを登録していなかったらどうなる?

意気揚々、OneDrive利用するぞ!とエクスプローラーの「OneDrive」フォルダーを開いても、マイクロソフトアカウントを登録していないと設定の途中でエラーになります。

こんなふうに、「そのメールアドレス、私知らないよ。新しいアカウント作ってね。」っていわれちゃいます。

その場合は、「新しいアカウントを新規登録してください」リンクをクリックし、マイクロソフトアカウント作成します。

リンクをクリックすると、OneDriveのWebサイトが表示されます。

英語のWebサイトが表示されますが、日本語のWebサイトもありますので、お好みのWebサイトからマイクロソフトアカウントの登録を行ってください。

参考ページ: https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

マイクロソフトアカウントを登録する

マイクロソフトアカウントを持っていない場合は、OneDriveのWebサイトから登録します。

OneDriveのWebサイトを開く

OneDriveのWebサイトを開き、「無料で新規登録」をクリックします。

参考ページ: https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

新規登録画面が表示されるので、「Microsoftアカウントを作成する」をクリックします。

メールアドレスの登録

「アカウントの作成」画面が表示されるので、登録するメールアドレスを入力します。

電話番号を使ったり、新しいメールアドレスを取得して登録することもできます。

今回は、既存のメールアドレスを使って登録します。

「次へ」ボタンをクリックします。

パスワードの作成

「パスワードの作成」画面が表示されるので、任意のパスワードを入力します。

「次へ」ボタンをクリックします。

メールの確認

「メールの確認」画面が表示されます。

登録したメールアドレス宛にコードが送信されるので、メールを確認し、受信したコードを入力します。

「次へ」ボタンをクリックします。

アカウントの作成

「アカウントの作成」画面が表示されます。

画面に表示されているコードを入力します。

「次へ」ボタンをクリックします。

マイクロソフトアカウントの作成完了

マイクロソフトアカウントの作成が完了しました。

OneDriveの利用準備

画面の「次へ」ボタンをクリックします。

「共同作業を行う」画面が表示されるので、「はじめましょう」ボタンをクリックします。

OneDriveを利用する準備ができました。

OneDriveを利用してみよう

実際にOneDriveを利用してみたいと思います。

今回は、Windows10のエクスプローラーの「OneDrive」フォルダーから操作してみます。

OneDriveを利用するには、まず設定が必要です。

エクスプローラーの「OneDrive」フォルダーをクリックすると設定画面が表示されるので、画面に従って設定します。

エクスプローラーの「OneDrive」フォルダーを開く

エクスプローラーの「OneDrive」フォルダーをクリックします。

OneDriveを設定する

エクスプローラーの「OneDrive」フォルダーをクリックすると設定画面が表示されるので、画面に従って設定します。

メールアドレスの入力

マイクロソフトアカウントを作成したときに登録したメールアドレスを入力します。

「サインイン」ボタンをクリックします。

パスワードの入力

マイクロソフトアカウントのパスワードを入力します。

「サインイン」ボタンをクリックします。

OneDrive利用準備

「次へ」ボタンをクリックします。

OneDriveの機能に関する内容が表示されるので、「後で」をクリックします。

OneDriveの利用に関する内容が表示されるので、右矢印>をクリックし内容を確認します。

すべての内容を確認すると、OneDriveを利用する準備が整います。

「OneDriveフォルダーを開く」ボタンをクリックします。

「OneDrive」フォルダーの中身が表示されます。

ここから、OneDriveにファイルを保存することができます。

 

以上、Windows10でOneDriveを利用する方法でした。

 

コメント