【Windows10】ショートカットからファイルの場所(パス)を確認する

スポンサーリンク

Windows10 ではショートカットからファイルの場所(パス)を確認することができます。

  • 普段ショートカットばかり使っている
  • ショートカットの本体のファイルの場所(ファイルフルパス)がわからない

そんなときはショートカットからファイルの場所を確認しましょう!

今回は、Windows10で ショートカットからファイルの場所(パス)を確認する方法を紹介します!

ショートカットからファイルの場所(パス)を確認する

Windows10のショートカットからファイルの場所(パス)を確認する方法は2つあります。

● ショートカットからファイルの場所(パス)を確認する方法

  1. アイコンのポップアップで確認する
  2. ショートカットのプロパティから確認する

ここでは2つの方法を紹介します。

1. アイコンのポップアップで確認する

Windows10のショートカットからファイルの場所(パス)を確認する方法の一番簡単な方法としては、「アイコンのポップアップで確認する方法」です。

ショートカットを一度クリックし、選択した状態にします。この状態でカーソルをショートカットのアイコンにあわせます。

すると、ポップアップでファイルの場所が表示されました。ここでは「C:\旅行\連絡先」の中にあるファイルだということがわかりました。

2. ショートカットのプロパティから確認する

2つ目の方法は「ショートカットのプロパティからファイルの場所を確認する方法」です。

ショートカットアイコンを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

ショートカットのプロパティがひらきます。中央の「リンク先」にファイルの場所が確認できます。

「ファイルの場所を開く」をクリックすると、エクスプローラーが起動し、このファイルのフォルダを自動的に開くことができます。

これで、ショートカットからファイルの場所(パス)を確認することができました。ショートカットからでも簡単に本体のファイルの場所を確認できるので、ぜひ使ってみてください!

以上、Windows10で ショートカットからファイルの場所(パス)を確認する方法でした。

コメント