Windows10でファイルにパスワードをかける方法

Windows10ではアプリを使うとファイルにパスワードをかけることができます。

正確にいうと、ファイル単体ではなくファイルを含めたフォルダにパスワードをかけることができます。

今回は、Windows10でファイルにパスワードをかける方法を紹介します!

Windows10でファイルにパスワードをかける方法

ファイルではなくフォルダにパスワードをかける

Windows10ではファイル自体にパスワードをかけることは基本的にはできません。

「基本的にはできない」はというのは、EXCEL・WORDなどは単体のファイルに対してパスワードをかけることができるからです。

ですが、それ以外のファイルは単体でパスワードをかけることがほぼできません。

ただし、ファイルをフォルダに入れて、そのフォルダに対してパスワードをかけることはできます。よってフォルダにパスワードをかけ、ファイルにパスワードをかけたことにします。

Lhaplusをインストールする

Windows10の標準機能にはファイル・フォルダにパスワードをかける機能はありません。よって外部のアプリケーションを使います。

いくつかのアプリがありますが、今回は有名な圧縮・解凍ソフトである「Lhaplus」を使います。

Lhaplusダウンロードhttps://forest.watch.impress.co.jp/library/software/lhaplus/

Lhaplusをインストールはこちらを参照してください。

参考ページLhaplusをダウンロード・インストールする手順

Lhaplusのインストールはダウンロードしたファイルを実行して、次へ進めるだけでOKです。

Lhaplusでフォルダにパスワードをかける

Lhaplusのインストールが完了しました。

Lhaplusの設定でコンテキストメニューに「圧縮」「解凍」を追加します。

フォルダーの右クリックメニューに「圧縮」「解凍」が追加されました。

次にパスワードをかけたいファイルをフォルダーに入れてください。

そのフォルダを右クリックして「圧縮」→「.zip(pass)」をおします。

すると、パスワード入力ボックスが開きます。パスワードを入力して「OK」ボタンをおします。

フォルダが圧縮され、パスワードがかけられます。こちらが圧縮後のZIPファイルです。

パスワードつきのファイルを開く

このファイルを開くときは、ZIPファイルをダブルクリックします。

パスワード入力ボックスが開くので、設定したパスワードを入力します。パスワードを入れないとこのZIPファイルを開くことはできません。

正しいパスワードを入力すると、ZIPファイルが解凍され、中のファイルを開くことができるようになります。

これでWindows10で「Lhaplus」を使ってファイルにパスワードをかけることができました。

以上、Windows10でファイルにパスワードをかける方法の1つとして、「Lhaplus」を使ってフォルダーにパスワードをかける方法でした。

コメント