自作パソコン マザーボードに電源・オーディオコネクタを取りつける方法

初めての自作パソコンに挑戦!自作パソコン作り第5弾!

今回は、マザーボードに各種ケーブルを取りつけていきます。

パソコンには、電源ケーブル、電源補助ケーブル、ケースファン、オーディオケーブル、電源スイッチ、LEDなど多数のケーブルがあります。

さっそく、マザーボードにケーブルをとりつけていきましょう!

マザーボードの取りつけ位置を確認する

まずはマザーボード側のコネクター取り付け位置を確認します。

マザーボードをよく見ると、コネクタの横に小さな文字が書いてあるので、それでどのコネクターの差込口なのかわかるかと思います。

ASUSの「PRIME B360M-A」の 主なコネクターケーブルの差込口の場所はこのようになっています。

マザーボードを直接見て確認するか、もしくはマザーボードに添付されている説明書にも書いてあるかと思います。

ケーブルを確認する

今度はケーブルを確認します。

「自作パソコン作り第4弾」までは、電源の取り付け・マザーボードのケースへの取り付けまでを完了しました。

この状態で自作途中のパソコンを見てみると、3種類のケーブルがあります。

  • 電源ケーブル・・・ATX電源から出ている
  • USB、オーディオ、電源スイッチケーブル・・・PCケースから出ている
  • ケースファンケーブル・・・ケースファンから出ている

これらのケーブルをマザーボードに接続してみましょう!

コネクターを接続する

ATX電源コネクター

まずはATX電源コネクターをマザーボードに接続します。電源コネクターは2種類あります。

  • メインコネクター・・・太いケーブル。24ピン。
  • 補助コネクター・・・細いケーブル。8ピン。

2種類のATX電源コネクターをそれぞれマザーボードに接続します。力をいれて押さえつけるとハマります。電源コネクターには向きがあるので、間違えないように注意します。

ケースファンコネクター

次にケースファンコネクターをマザーボードに接続します。

ケースについているファンから伸びているコネクターをマザーボードのケースファン差込口へ接続します。

ケースファンがないケースもあるので、その場合は不要です。

フロントUSBコネクター

PCケースの前側についているUSB端子のコネクターをマザーボードに接続します。

ケースから出ているUSBコネクターを探して、マザーボードに接続します。今回のマザーボードはATX電源コネクターの横にありました。

フロントオーディオコネクター

フロントオーディオコネクターをマザーボードに接続します。

ASUSのマザーボード「PRIME B360M-A 」では、フロントオーディオは「AAFP」という所にあたります。

電源スイッチ、LED、リセットコネクター

電源スイッチ、LED、リセットコネクターをマザーボードに接続します。

これは1つ1つコネクターが小さいので、ちょっと厄介です。コネクターを差し込むのにちょっと苦労します。

「POWER」「HDD LED」「RESET」「POWER LED」などがあります。

プラス・マイナスがあるコネクターもあるので、間違えないように注意しましょう!

プラスマイナスはケーブル側にも、マザーボード側にも書いてあります。書いていない場合は、色つきケーブルがプラスで、白ケーブルがマイナスです。

まとめ

これで電源コネクター、フロントUSBコネクター、フロントオーディオコネクター、ケースファン、電源スイッチ、リセット、LEDコネクターがマザーボードに接続できました。

マザーボードにおけるコネクターの場所は説明書を読むか、直接マザーボードの表記を確認し、あとはコネクターをさすだけです。

電源スイッチ、LEDなどが小さいのでちょっと手こずるかもしれませんが、他はすぐに接続できると思います。

自作パソコンもすでに佳境に入ってきました。次はSDD・HDDなどのストレージをとりつけます。

以上、自作パソコン作り第5弾!   マザーボードに電源・オーディオケーブルを取りつける方法でした。

 

自作パソコン作りシリーズ(INTEL 第8世代Coffee Lake対応パソコン)

 

コメント