【Office】買い切り・サブスクリプション どちらがお得か?

スポンサーリンク

Officeは「買い切り」と「サブスクリプション」の2種類あります。

  • Officeは買い切りの方が長く使えばお得なの?
  • サブスクリプションの方が主流なのはなぜ?
  • 一体どちらを購入すればいいのかわからない

今回は、Officeの「買い切り」と「サブスクリプション」の違いについて紹介します!

Officeの「買い切り」と「サブスクリプション」の違い

買い切り(Office2019)とサブスクリプション(Microsoft 365 Personal)

Officeは大きくわけると、2つのライセンスがあります。

<< Office2019とMicrosoft 365>>

  1. Office 2019
    →永続型(買い切り)。最初に一度だけ支払う。永続的に使用できる
    Office 2019https://products.office.com/ja-jp/get-started-with-office-2019
  2. Microsoft 365
    →サブスクリプション型(毎年 or 毎月支払う)。支払った年・月だけ使用できる
    Office 365https://www.office.com/?omkt=ja-jp

従来からある永続(買い切り)型の「Office 2019」とサブスクリプション型の「Microsoft 365 Personal」の2つです。

買い切りのOffice 2019はさらに3つあります(Home & Business・Personal・Professional )

● Office2019

  1. Office Home & Business 2019
  2. Office Personal 2019
  3. Office Professional 2019

いくつもあるので混乱しますが、Office 2019・Microsoft 365 Personalに含まれる製品はこちらです。

台数 Excel Word Outlook Power

Point

Access Publisher OneDrive Skype
Office Personal 2019 永続 2台
Office Home & Business 2019 永続 2台
Office Professional 2019 永続 2台
Microsoft 365 Personal 1年 無制限

Office 2019は含まれる製品によって3つの製品があります。(Office Personal 2019、Office Home & Business 2019、Office Professional 2019)Office 365はすべてのOfficeが含まれています。

買い切りの「Office 2019」とサブスクリプションの「Microsoft 365 Personal」があり、「Office 2019」は3つの製品があることがわかりました。

Microsoft 365とOffice 2019の違い

次に、Office 2019とMicrosoft 365 Personalの違いについてまとめます。

Microsoft 365 Office 2019
販売形態 サブスクリプション
(年払い・月払い)
買い切り
使用期限 1年 or 1月 永続
端末数 無制限 2台
同時使用 5台 2台
ユーザー数 1名 1名
PC Windows10
Mac
Windows10
Mac(Home & Businessのみ)
バージョンアップ 無料 有料

買い方

Office 2019(買い切り)とMicrosoft 365 Personal(サブスクリプション)は、Officeを使用できる期限が異なります。

Office 2019は一度購入すれば永続的に使用できるのに対し、Office 365は1年間の使用権を購入して1年間だけ使用できます。1年たったら再度1年分のサブスクリプションを購入します。

端末・使用台数・OS

Microsoft 365 Personalの端末数は無制限(同時使用できる台数は5台まで)なのに対し、Office 2019は2台までです。

Microsoft 365 PersonalはWindows、Macに対応していますが、Office 2019は基本Macには対応していません。(Office 2019では、Office Home & Business 2019のみがMacに対応しています。)

新バージョンが出たとき

2020年現在のOfficeの最新バージョンは2019です。当然、近いうちに新たなバージョンが出るはずです。

新しいバージョンが出ると、Microsoft 365 Personalは無料で最新版にアップデートされますが、Office 2019はアップデートされません。古いままです。

よって、新バージョンが出て、新しいOfficeを使いたい場合は、Office 2019の場合は再度購入する必要があります。

買い切りとサブスクリプション、どちらを購入したらいい?

結局、買い切りとサブスクリプションのうち、どちらを購入すればいいのでしょうか?

MicrosoftのOfficeの価格

MicrosoftのOfficeの価格はこちらです。

ダウンロード版 価格
Microsoft 365 Personal 12,984円/年
Office Personal 2019 32,784円
Office Home & Business 2019 38,284円
Office Professional 2019 65,784円

Officeを使い続けたコスト

次に数年間Officeを使用した場合のコストを比較してみます。

ダウンロード版 1年使用 2年使用 3年使用 5年使用
Microsoft 365 Personal 12,984円 25,968円 38,952円 64,920円
Office Personal 2019 32,784円 32,784円 32,784円 32,784円
Office Home & Business 2019 38,284円 38,284円 38,284円 38,284円
Office Professional 2019 65,784円 65,784円 65,784円 65,784円

1,2年のみの使用ではやはりMicrosoft 365 Personalが格安です。1,2年間の限定使用の場合は、Office 365がお得です。

3年以上経過すると「Office Personal 2019」「Office Home & Business 2019」がお得です。ただし、これは価格だけを比較しています。実際にはこの2製品はすべてのOfficeが使えるわけではありません。

比較対象としてはMicrosoft 365 PersonalとOffice Professional 2019が妥当です。この2つを比較すると、5年経過してようやくほぼ同じコストになります。つまり6年以上経過すれば、Office2019の方がお得といえます。

5年毎にOfficeを買い替える場合

もう少し実態に近いコストを比較してみます。

数年たつと、Officeは新バージョンが出ます。新バージョンが出たら新たに買いなおすケースもあります。これを考慮して、5年ごとに新しいOfficeを購入した場合のコストを比較します。

ダウンロード版 1年使用 5年使用 10年使用
Microsoft 365 Personal 12,984円 64,920円 129,840円
Office Personal 2019 32,784円 65,568円 98,352円
Office Home & Business 2019 38,284円 76,568円 114,852円
Office Professional 2019 65,784円 131,568円 197,352円

5年ごとに新しいOfficeを購入した場合、製品にもよりますが、Office 365の方がお得といえます。

よってここまでをまとめると、

  • 古いOfficeを6年以上使い続ける人 →買い切り方(Office2019)
  • 5年以内に新しいOfficeに買い替える人 →サブスクリプション(Microsoft 365 Personal)

がお得ということになります。

Amazonの方が安くて便利

Office2019・Microsoft 365を購入する場合、MicrosoftよりもAmazonの方がお得です。

Office2019・Microsoft 365 PersonalはAmazonで購入することをオススメします!

Amazonであれば、Microsoftよりも価格が安く、ライセンスキーの管理もできるので便利です。

以上、Officeの「買い切り」と「サブスクリプション」の違いについてでした。

コメント