【Microsoft365・Office2019】安く購入する方法(永続・サブスクリプション)

スポンサーリンク

マイクロソフトのMicrosoft365・Office2019を購入する方法です。

こんな人に向けての記事です。

  • Officeを安く購入するにはどこで買ったらいい?
  • Officeライセンスの価格は一体いくら?
  • サブスクリプション、買い切りはそれぞれいくら?

今回は、Officeソフトを安く購入する方法(永続・サブスクリプション)について紹介します!

Microsoft365・Office2019の違い

まずは、Microsoft365・Office2019を購入する際に必要となる前提知識、Microsoft365・Office2019の違いをおさらいしてみましょう!

Officeのライセンス

Officeは大きくわけると、2つのライセンスがあります。

● 2つのOffice

  • Microsoft 365 →サブスクリプション
  • Office 2019 →永続(買い切り)

サブスクリプション型の「Microsoft 365」、従来の永続(買い切り)型の「Office 2019」の2つです。

● 「サブスクリプション」と「永続」の違い

  1. サブスクリプション・・・毎年 or 毎月支払う。支払った年・月だけ使用できる
  2. 永続(買い切り)・・・最初に一度だけ支払う。永続的に使用できる

Office 2019はさらに3つあります(Home & Business・Personal・Professional )

● 3つのOffice2019

  1. Office Home & Business 2019
  2. Office Personal 2019
  3. Office Professional 2019

Office製品

Microsoft 365、Office 2019に含まれる製品はこちらです。

これ以外に、Excel・Word・PowerPoint・Outlook・Accessを単体・単品でも購入することもできます。

Microsoft 365 Personal Office Personal 2019 Office Home & Business 2019 Office Professional 2019
期限 1年 永続 永続 永続
台数 無制限 2台 2台 2台
Excel
Word
Outlook
PowerPoint
Access
Publisher
OneDrive
Skype

Microsoft 365 Personal

Officeの中で一番お得なのは、「Microsoft 365 Personal」です。

● Microsoft 365 のメリット

  1. すべてのOffice製品が使える(Word・Excel・PowerPointなど)
  2. 1年(ひと月)毎に購入するサブスクリプション型
  3. パソコンの使用台数無制限
  4. バージョンアップが無料

「Microsoft 365 Personal」はWord・Excel・PowerPointだけでなく、すべてのOfficeアプリケーションが使えます。Accessも使えます。

使用できるパソコンの台数も無制限なので複数のパソコンに入れて使うことができます。おまけにバージョンアップに無料で対応しているのはかなり大きなメリットです。

「Microsoft 365 Personal」は従来のような買い切りのOfficeではなく、1年ごと(もしくはひと月ごと)に購入するサブスクリプション型です。一見、高く感じますが、ひと月千円強で全てのOfficeが使えるのでかなりお得なんです。

「Microsoft 365 Personal」は2019以降のバージョンも追加料金なしで自動でアップデートされます。買い切りだとバージョンアップしたらまた購入する必要がありますからね。

Amazonの「Microsoft 365 Personal」は「オンラインコード版」「カード版」があります。

「オンラインコード版」はオンラインでライセンスキーを取得します。「オンラインコード版」は購入後でもライセンスキーをAmazonでいつでも確認できるのでとても便利です。「カード版」はライセンスキーが記載されたカードが郵送される従来の形式です。

オンラインコード版

カード版

Word・Excel・PowerPoint・Accessを使う人にはMicrosoft 365 Personalがおすすめです!

Office 2019

毎年課金するサブスクリプションのOffice365がイヤな場合、永続ライセンスである、いわゆる買い切りもできます。

それが「Office 2019」です。Office 2019は3つあります。(Office Home & Business 2019、Office Personal 2019、Office Professional 2019)

オンラインコード版

カード版

Excel・Word・PowerPoint・Accessだけ(単体・買い切り)

他のソフトが不要でWord・Excel・PowerPoint・Accessのいずれか単体で欲しい場合、単体・単品で購入することもできます。

従来のソフトのような買い切りですね。単体なので価格も安くすみます。

注意点としては、購入後はOffice 2019のままで、Microsoft 365のように自動でバージョンアップされることはありません。新機能が追加されないうえに、次のバージョンを使いたい場合は再度購入する必要があります。

Officeを安く購入する方法

Officeの価格比較

次に、Officeを安く購入するため、Officeの価格を比較してみましょう!

ここでは本家マイクロソフトとアマゾン・ビックカメラを比較してみます。

● Officeの価格を比較

  1. マイクロソフト
  2. Amazon
  3. ビックカメラ

Officeの価格(Microsoft)

MicrosoftのOffice 公式価格はこちらです。(2021年9月時点)

Microsoft Office公式https://products.office.com/ja-jp/home

ダウンロード版 価格
Microsoft 365 Personal 12,984円/年
Office Personal 2019 32,784円
Office Home & Business 2019 38,284円
Office Professional 2019 65,784円
Word 2019 16,284円
Excel 2019 16,284円
PowerPoint 2019 16,284円
Access 2019 16,284円

Officeパッケージの場合、Office製品のどれが必要かによって購入するパッケージが変わります。Word・Excelなどの単体製品は、16,284円です。

このMicrosoftの値段がいわゆる「Officeの定価」になります。よって、これより安く買うことができればお得といって良いかと思います。

Officeの価格(大手ショップ)

Amazon・ビックカメラ・ヨドバシのOfficeの価格はこちらです。(2021年9月時点)

Microsoft Amazon ビックカメラ ヨドバシ
Microsoft 365 Personal 12,984円/年 11,682円/年 12,980円/年 12,980円/年
Office Personal 32,784円 29,502円 32,780円 32,780円
Office Home & Business 38,284円 34,452円 38,280円 38,280円
Office Professional 65,784円 59,202円 65,780円 65,780円
Word 16,284円 14,652円 16,280円 16,280円
Excel 16,284円 15,074円 16,280円 16,280円
PowerPoint 16,284円 14,652円 16,280円 16,280円
Access 16,284円 14,652円 16,280円 16,280円

AmazonはPowerPoint・Officeともにすべての製品でMicrosoftの定価よりもAmazonが安く購入することができますね。

ビックカメラはマイクロソフトの定価より14円ずつ安いですね。ビックカメラはここから10%のポイントがつきます。ここではポイントは加味していません。ポイントを含めるとAmazonより安いものもあります。

安いOfficeがインターネットやオークションで売られていますが、怪しい販売店もあります。中には偽物や海賊版が売られている場合もあるので注意してください。

Amazonのような大手は安心できるので大手で購入することをおすすめします。

Officeを安く購入するには

Officeの価格は時期によって最安価格が変わります。2021年9月時点で見ると、AmazonがOfficeを安く購入できることがわかりました。

Microsoft公式より約1,000円~6,600円ほど安く購入できるのはお得ですよね。

  • よって、Officeを安く購入するには、Amazonをオススメします!

ビックカメラは10%のポイントがつきますが、それを加味するとAmazonとほぼ同じです。ただしポイントという点がネックです。現金で安い方が使い勝手がいいですからね。

Amazonはライセンスキー管理・ダウンロードもできる

Amazonで購入すると、Officeのライセンスキーの管理もしてくれます。

カードを失くしたりライセンスキーを紛失する心配もありません。AmazonはOfficeを購入するのに安くて使い勝手がいいのです。

オンラインコード版

ライセンスキーをAmazonで管理するのはオンラインコード版です。

カード版

自分でキーを管理する場合は、カード版でもよいですね。

AmazonでMicrosoft 365 Personalを購入する方法・手順はこちらを参照してください。

以上、Officeを安く購入する方法と値段でした。

コメント