PR

ワイヤレスヘッドセット PULSE 3Dを徹底レビューするよ!

スポンサーリンク

SONYのPS4・PS5用の純正ワイヤレスヘッドセット「PULSE 3D」を徹底的にレビューします!

こんな人に向けての記事です。

  • PULSE 3Dの評価ってどうなの?
  • PULSE 3Dの音質って良いの?

今回、ソニーのPS4・PS5用の純正ワイヤレスヘッドセット「PULSE 3D」をレビュー・評価します!

スポンサーリンク

SONYのワイヤレスヘッドセット「PULSE 3D」をレビューする!

PULSE 3Dの外観レビュー

ソニーのワイヤレスヘッドセット「PULSE 3D」を2年使ってみて改めてレビューをします!

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥8,480 (2024/06/20 14:20:35時点 Amazon調べ-詳細)

「PULSE 3D」はPS4・PS5用の純正ワイヤレスヘッドセットです。プレステ専用のソニー純正ヘッドホンということで注目を集めました。

プレステ専用のヘッドホンってめっちゃ気になる存在だよねー!

次世代の3Dオーディオテクノロジーにより、ゲームの音をより立体的で臨場感あるものに再現できるのが特徴です。ゲームの音の方向や距離をより正確に感じ取ることができるため、ゲームの没入感がよりヤバくなるヘッドホンです。

「PULSE 3D」の価格は1万円弱なので、お手頃に買える価格帯なのも嬉しいですよね!

「PULSE 3D」のデザインはスッキリ洗練された未来的なデザインです。カラーは「ホワイト」「ミッドナイト ブラック」「グレー カモフラージュ」の3色です。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥8,480 (2024/06/20 14:20:35時点 Amazon調べ-詳細)

「PULSE 3D」の箱を開けると、ヘッドホン本体、ワイヤレスアダプター、音声ケーブル1.2 m、USBケーブル1.5 m、マニュアルが入っています。

ヘッドバンドの頭に当たる部分はとても柔らかいゴムのような素材になっています。

頭の大きさによってヘッドバンドを調整することができます。特定の位置で固定するタイプではなく、常に頭の位置にあわせて稼働するタイプです。

ワイヤレスアダプターと音声ケーブル・USBケーブルも入っています。

「PULSE 3D」のイヤーパッドのクッションは厚みがあります。めちゃめちゃ柔らかいわけではないですが、そこそこ柔らかめだと思います。

イヤーパッドは耳を包み込むタイプなので耳があまり痛くならないようになっています。密閉感もあり、よりゲームに没頭できますよ!

「PULSE 3D」の操作性

「PULSE 3D」はヘッドホン左耳側で操作します。

左耳の上のボタンは、ミュートボタン、ボリュームボタン、モニタースイッチ、チャットゲームボタンがあります。

左耳の下には、電源ボタン、音声端子、USB-C端子があります。

このUSB-typeC端子にUSBケーブルをつなげて充電します。バッテリーはフル充電で12時間持ちます。

PULSE 3Dの音質はどう?

ではでは、気になるPULSE 3Dの音質はどうでしょうか?

PULSE 3Dでプレステの音はどう変わるの?

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥8,480 (2024/06/20 14:20:35時点 Amazon調べ-詳細)

実際にプレステで2年間ゲームをやってきて、ほとんど「PULSE 3D」をつけてプレイしてきました。2年間のリアルな音質レビューをしていきます!

● PULSE 3Dの音質はぶっちゃけ良いのか?

  • 低音域・中音域がしっかりしてる
  • 音楽には向いていない

低音域・中音域がしっかりしてる

ゲームで一番必要な音ってやはり低音域・中音域なんですよねー。打撃音・爆発音・足音・叫び声など、ゲームの音はどちらかというと低音域・中音域です。

「PULSE 3D」はゲーム専用にチューニングされたヘッドホンなので、この低音域・中音域がとても素晴らしいです!さすがゲーム専用機です。

派手な打撃音・爆発音だけでなく、浮いてる音・飛んでる音などの小さな音もしっかり聴こえるので、普通のテレビの音では聞こえなかった音が「PULSE 3D」ではしっかり聴こえてビックリします。

音楽には向いていない

ゲームの音質としては素晴らしい「PULSE 3D」ですが、やはりゲーム以外の用途には厳しい気がします。

音楽を聴いてみたところ、やはり低音域が強調されすぎて、且つ高音域が弱いというかスカスカというか・・。「PULSE 3D」で音楽を聴く人はあまりいないとは思いますが、音楽を聴くには音楽用のヘッドホンを別途用意した方が無難です。

PULSE 3Dの仕様

最後に「PULSE 3D」の仕様をまとめておきます。

PULSE 3Dの仕様
電池容量 1000 mAh
通信 2.4 GHz RF
最大通信距離 約10 m
稼働時間 約12時間
幅×高さ×奥行 213 mm×190 mm×91 mm
重量 292g

まとめ

ソニーのPS4・PS5用の純正ワイヤレスヘッドセット「PULSE 3D」について2年間使ってみて、改めてレビューをしてみました。

「PULSE 3D」がないゲームライフはちょっと損してるかもねー!

ゲーム専用にチューニングされただけあって、音質は最高の部類に入ります。私はもはや「PULSE 3D」なしではゲームはきつくなっています。

そして何より、コストパフォーマンスですよ!

「PULSE 3D」の価格は1万円ほどです。ヘッドホンの中でもかなり安い部類です。たった1万円でゲームライフが劇的に向上することを考えれば、買わない手はないかなーと。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥8,480 (2024/06/20 14:20:35時点 Amazon調べ-詳細)

以上、ソニーのPS4・PS5用の純正ワイヤレスヘッドセット「PULSE 3D」のレビュー・評価でした。

PC周辺機器・オーディオ
スポンサーリンク
この記事が役立ちましたら是非ツイッター・Facebook等でシェアしてください!シェアして頂くと励みになります!

 

著者

名前:鎖の人

保有資格:ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS Associate)、Microsoft認定プロフェッショナル Windows Server 2016(MCP)

筆者はソフトウェアエンジニアとしてIT業界に20年従事し、現在はエンジニア視点からOS・PCソフト・Office・オーディオ関連の記事をわかりやすく執筆しています。皆様のお役に立てれば幸いです。

コメント