UR12・UR22Cの違いはこういう事です!

スポンサーリンク

こんな人に向けての記事です。

  • UR12とUR22Cって何が違うの?
  • 結局どっちを買えばいいのかわからない
  • UR22Cの在庫がないけど・・

今回は、steinbergのオーディオインターフェイス「UR12」と「UR22C」の違いについて紹介します!

UR12とUR22Cの違い

UR12とUR22C

UR12」と「UR22C」の違いってとてもわかりづらいですよね?

名前も似ているし、同じsteinbergの商品で、見た目・大きさも同じような感じですからね。

「UR12」は2014年12月に発売されたsteinbergのオーディオインターフェイスです。

UR12公式https://japan.steinberg.net/jp/products/hardware/ur_series/lineup/ur12.html

「UR22C」は2019年10月に発売されたsteinbergのオーディオインターフェイスです。

UR22C公式https://new.steinberg.net/ja/audio-interfaces/ur22c/

名前がほとんど同じである「UR12」と「UR22C」。色の違い以外にどんな違いがあるのでしょうか?

UR12とUR22Cの違い

それでは、「UR12」と「UR22C」のスペック詳細の違いを比較してみましょう!

スペック UR12 UR22C
発売 2014年 2019年
AD/DA 24bit/192kHz 32bit/192kHz
入力数 2 2
出力数 2 2
USB USB 2.0 USB 3.0
USB形状 Type-B (※PC側はType-A) Type-C (※PC側はType-A)
ファンタム電源 1 2
ヘッドフォン
MIDI ×
ループバック
iPad/iPhone
付属 Cubase AI Cubase AI
電源 USBバスパワー
DC5V
USBバスパワー
DC5V
重量 0.85kg 1kg
サイズ W159 x H46 x D144 mm W159 x H47 x D159 mm

上記のスペックの違いを見ると、「UR12」と「UR22C」の違いがよくわかりますね。「UR22C」の方が5年後に発売された商品のため、スペック的には音質・スピード・電源が向上しました。

● 「UR22C」のメリット

  1. 32bit/192kHzに対応した →音質アップ
  2. USB3.0に対応した →スピードアップ
  3. ファンタム電源の数が多い
  4. MIDIに対応した

「UR12」から「UR22C」に新しくなり、何が変わったかというと、「32bit/192kHz」と「USB3.0」と「ファンタム電源」と「MID」ですね。正確にいうと、重量とサイズも微妙に違いますが、大きな違いではなくほぼ一緒といってよいくらいの差です。

「32bit/192kHz」は音質がより良くなったということです。「USB3.0」はスピードが速くなったという事です。「ファンタム電源の数」や「MIDI」に対応したのも大きなメリットです。

USBコネクタの形状も「Type-B」(四角)から「Type-C」(細い丸)に変わりましたが、大きな違いではありません。少しだけ抜き差ししやすくなりました。PC側のコネクタは「Type-A」のままです。

ちなみにiPad・iPhoneと接続して使う場合はこちらのAppleから販売されている「Lightning – USB 3カメラアダプタ」が必要になります。

UR12・UR22Cの価格の違いを比較

次に、「UR12」と「UR22C」の価格の違いを比較してみましょう!

steinbergからオーディオインターフェイスが直接販売されていないため、公式価格は不明です。

「UR12」と「UR22C」の価格を大手ショップで比較してみましょう!(2021年10月時点)

ショップ UR12 UR22C
Amazon 9,200円 31,500円
サウンドハウス 9,480円 17,820円(在庫なし)
ビックカメラ 10,120円
マークスミュージック(Yahoo) 10,400円
島村楽器(楽天) 10,500円

価格の違いは倍

「UR12」と「UR22C」の価格の違いはショップにもよりますが、「UR12」の2倍が「UR22C」の価格です。

在庫が少ない

「UR22C」は超人気商品のため、在庫があるショップが少ないのが現状です。「UR12」も同様に在庫が少ないケースが多いです。在宅が増える昨今、オーディオインターフェイス全体の品薄状態が続いています。「UR12」も「UR22C」も在庫があればできるだけ早く購入することをオススメします。

サウンドハウス・Amazonが安い

「UR12」も「UR22C」もサウンドハウスとAmazonが安いです。オーディオインターフェイス、定番のショップですね。

サウンドハウス

「サウンドハウス」はかなり安いですが、「UR22C」の在庫がないのが痛いですね。

「サウンドハウス」と「Amazon」はいつも最安を争っているイメージですね。両社とも、ポイントがつくため、この価格からさらに安くなります。もちろん送料無料です。

UR12とUR22Cのどちらを買えばいい?

2021年現在、「UR22C」の在庫不足が続いている状態です。特に「UR22C」が少ないですね。

「UR12」と「UR22C」のどちらを買えばいいのでしょうか?

● 「UR12」と「UR22C」の状況

  1. スペック的には「UR22C」の一択
  2. 「UR22C」は在庫がかなり少ない

● 「UR12」と「UR22C」のどちらを買うべき?

  1. 在庫があるAmazonで「UR22C」を買うべし

「UR12」は価格が安いのがメリットで最初の1台にはふさわしいです。ですが、スペック的にいまいちでいずれ不満になるのは目に見えています。それなら最初から「UR22C」をAmazonで買うことをオススメします!「サウンドハウス」は在庫がないのが痛いですね。

UR22Cのレビューはこちらです。

以上、steinbergのオーディオインターフェイス「UR12」と「UR22C」の違いについてでした。

コメント