UR22Cをレビュー!Steinbergのオーディオインターフェイス

スポンサーリンク

Steinbergのオーディオインターフェイス「UR22C」を購入したのでレビューをします。

Steinberg UR22Cをレビューします

Steinberg UR22Cとは

Steinberg(スタインバーグ)のオーディオインターフェイス 「UR22C」をDAWで使いたく購入しました。

steinberg公式サイトhttps://new.steinberg.net/ja/audio-interfaces/ur22c/

「UR22C」はSteinbergの2019年発売のオーディオインターフェイスです。従来のオーディオインターフェイス「UR22mk2」の後継機にあたります。「UR22mk2」にはなかった内蔵DSP、USB3.0、32bit 192kHzに対応しています。

今回、Steinberg UR22CをAmazonで購入しました。Amazonの価格は他よりもかなり安かったですね。やはりAmazonが安いと。楽天も2万円を切り安いときがあります。サウンドハウスは安いですが、在庫がないケースが多いですね。

価格や在庫はこちらに書きましたので参考にしてください。

参考ページUR22Cの価格は?在庫がない中、結局どこで買えばいいのか?

UR22Cを開封レビュー

それではさっそく、Steinberg 「UR22C」を開封レビューしていきましょう!

「UR22C」のケースです。

裏側にはPC・スピーカー・楽器などの配線の説明が書いてあります。

「UR22C」のケースをあけるとこんな感じ。UR22C本体、USB(3.0-TypeC)ケーブル、説明書、CUBASEのライセンスキーが記載された用紙です。

UR22C本体です。重厚感もあり見た目もカッコイイですね!

前面に「32bit/192kHz」と書かれています。「UR22C」の「売り」なんですね。

「UR22C」の背面です。電源はUSB3.0(付属ケーブル)か5V DC(Androidスマホの充電ケーブルでOK)で切り替えできます。これ、勘違いしがちなのですが、USB Type-Cは「UR22C」側です。PC側は通常のUSB3.0なのでType-Cは必要ありません。(Type-C対応と謳うのでPCに必要かと思っていました・・・)

「UR22C」は外観の質感も安っぽくなくていいですね。

UR22CにPC・スピーカー・コンポを接続

次に、オーディオインターフェイス「UR22C」をPCに接続してみましょう!

まずは付属のUSBケーブルを「UR22C」のUSBに接続します。(Type-Cの方です)

PCにも接続します。PC側はUSB3.0、UR22C側はType-Cを接続します。

次に、スピーカーを接続します。今回はスピーカーが接続されているミニコンポを接続してみます。

このケーブルは「UR22C」には付属しないので別途購入してください。

オーディオインターフェイスとスピーカー(コンポ)をつなぐケーブルはスピーカー(コンポ)のコネクタの形状によって異なります。

「UR22C」はフォーンケーブル(太いコネクタ)です。今回使用するスピーカー(コンポ)はRCAケーブル(細い端子)です。お使いの環境にあわせてケーブルを用意してください。

今回は片側がフォーンケーブルで、もう片側がRCAケーブルのこちらを購入しました。

コンポ(スピーカー)側はライン入力、UR22C側はMAIN OUTPUTを接続します。

これで、PC・オーディオインターフェイス・スピーカー(コンポ)を接続することができました。

PCにドライバー(TOOLS for UR-C)をインストールします。TOOLS for UR-Cを下記ページからダウンロードします。

steinbergダウンロードページhttps://japan.steinberg.net/jp/support/downloads/ur-c.html

CUBASEも必要な場合は、インストールしてください。CUBASEのライセンスキーは同梱されたCUBASEの用紙に記載されています。

UR22Cの音は?

「UR22C」をPCと接続し、ドライバ「TOOLS for UR-C」のインストールが完了しました。

「POWER SOURCE」をUSBの方へ切り替えると、「UR22C」の電源が入ります。

USBのランプが最初に点滅しPCを認識すると点灯に変わります。「UR22C」で音楽を聴いてみました。

PCで再生した音楽をスピーカーで聞いたり、ヘッドホンで聞いたり、iPhoneの音楽を聴きました。

音に関しては文句なし。良いです!個人的には問題なしです!

ただ、32bit/192kHzの違いがわかるか?というと、それほどの耳を持っていないためよくわかりません。わかる人にはわかるのだと思います。

総じて、2万円を切るこの価格で、「UR22C」のこのクオリティならコスパは悪くないと思います。ぜひ使ってみてください!

「UR22C」は人気のため在庫がないケースが多いです。1つ前の型である「UR22mkII」ならサウンドハウスにも在庫があります。こちらを買うという手もありますね。

ちなみにiPad・iPhoneと接続して使う場合はAppleから販売されているこちらの「Lightning – USB 3カメラアダプタ」が必要になります。

Apple(アップル)
¥4,749 (2021/04/19 14:06:55時点 Amazon調べ-詳細)

以上、Steinberg UR22Cのレビューでした。

配線はコチラで詳細チェックしてください
参考ページオーディオインターフェイスをPC・スピーカーに接続する方法

● オーディオインターフェイスと一緒に使う機器

おすすめヘッドホン
参考ページMDR-7506をレビュー!(コスパ抜群のSONYのヘッドホン)

おすすめマイク
参考ページマランツ MPM-1000をレビュー!コンデンサーマイク

コメント

  1. 初心者 より:

    ur22cよさげですね
    初心者なので参考になりました
    おもいきって買ってみようかな~て思いました