Steinberg UR22Cをレビュー!オーディオインターフェイス

スポンサーリンク

Steinbergのオーディオインターフェイス「UR22C」のレビューをします。

Steinberg UR22Cをレビューします

Steinberg UR22Cとは

Steinberg(スタインバーグ)のオーディオインターフェイス UR22CをDAWで使いたく購入しました。

steinberg公式サイトhttps://new.steinberg.net/ja/audio-interfaces/ur22c/

UR22CはSteinbergの2019年発売のオーディオインターフェイスです。従来のオーディオインターフェイスUR22mk2の後継機にあたります。UR22mk2にはなかった内蔵DSP、USB3.0、32bit 192kHzに対応しています。

今回、Steinberg UR22CをAmazonで購入しました。2020年4月時点でAmazonの価格は17,141円で、他よりもかなり安かったですね。やはりAmazonが安いと。

楽天も2万円を切り安いときがあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

USBオーディオインターフェイス UR22C
価格:17507円(税込、送料無料) (2020/5/11時点)

楽天で購入

 

 

 

UR22Cを開封レビュー

それではさっそく、Steinberg UR22Cを開封レビューしていきましょう!

Steinberg UR22Cのケースです。

裏側にはPC・スピーカー・楽器などの配線の説明が書いてあります。

UR22Cのケースをあけるとこんな感じ。UR22C本体、USB(3.0-TypeC)ケーブル、説明書、CUBASEのライセンスキーが記載された用紙です。

UR22C本体です。重厚感もあり見た目もカッコイイですね!

前面に「32bit/192kHz」と書かれています。UR22Cの「売り」なんですね。

UR22Cの背面です。電源はUSB3.0(付属ケーブル)か5V DC(Androidスマホの充電ケーブルでOK)で切り替えできます。これ、勘違いしがちなのですが、USB Type-CはUR22側です。PC側は通常のUSB3.0なのでType-Cは必要ありません。(Type-C対応と謳うのでPCに必要かと思っていました・・・)

UR22Cは質感もいいですね。

UR22CにPC・スピーカー・コンポを接続

次に、オーディオインターフェイス UR22CをPCに接続してみましょう!

まずは付属のUSBケーブルをUR22CのUSBに接続します。(Type-Cの方です)

PCにも接続します。PC側はUSB3.0、UR22C側はType-Cを接続します。

次に、スピーカーを接続します。今回はスピーカーが接続されているミニコンポを接続してみます。

このケーブルはUR22Cには付属しないので別途購入してください。

オーディオインターフェイスとスピーカー(コンポ)をつなぐケーブルはスピーカー(コンポ)のコネクタの形状によって異なります。

UR22Cはフォーンケーブル(太いコネクタ)です。今回使用するスピーカー(コンポ)はRCAケーブル(細い端子)です。お使いの環境にあわせてケーブルを用意してください。

今回は片側がフォーンケーブルで、もう片側がRCAケーブルのこちらを購入しました。

コンポ(スピーカー)側はライン入力、UR22C側はMAIN OUTPUTを接続します。

これで、PC・オーディオインターフェイス・スピーカー(コンポ)を接続することができました。

PCにドライバー(TOOLS for UR-C)をインストールします。TOOLS for UR-Cを下記ページからダウンロードします。

steinbergダウンロードページhttps://japan.steinberg.net/jp/support/downloads/ur-c.html

CUBASEも必要な場合は、インストールしてください。CUBASEのライセンスキーは同梱されたCUBASEの用紙に記載されています。

UR22Cの音は?

UR22Cを配線し、ドライバ「TOOLS for UR-C」のインストールが完了しました。

「POWER SOURCE」をUSBの方へ切り替えると、UR22Cの電源が入ります。

USBのランプが最初に点滅しPCを認識すると点灯に変わります。UR22Cで音楽を聴いてみました。

PCで再生した音楽をスピーカーで聞いたり、ヘッドホンで聞いたり、iPhoneの音楽を聴きました。

音に関しては良いです!個人的には問題なしです。

ただ、32bit/192kHzの違いがわかるか?というと、それほどの耳を持っていないためよくわかりません。わかる人にはわかるのだと思います。

総じて、2万円を切るこの価格で、UR22Cのこのクオリティならコスパは悪くないと思います。ぜひ使ってみてください!

以上、Steinberg UR22Cのレビューでした。

コメント