【Windows10】インストーラーをダウンロードする

スポンサーリンク

Windows10のインストーラーはダウンロードすることができます。

今回は、Windows10のインストーラーはダウンロードする方法を紹介します!

Windows10のインストーラーをダウンロードする

Windows10のインストーラー

Windows10をインストールするには、Windows10のインストーラーが入ったUSBメモリ・DVDのメディアが必要です。

インストーラーがない場合、マイクロソフトのWEBサイトから、Windows10のインストーラーをダウンロードする必要があります。

よって、まずWindows10のインストーラーが必要です。

Windows10のインストーラーは従来のWindowsのように直接インストーラーをインターネットからダウンロードするのではなく、「Media Creation Tool(メディア作成ツール)」を介します。

Media Creation Tool(メディア作成ツール)をダウンロードして、Media Creation Toolがインストーラーを作成してくれます。

このメディアを使ってWindows10をインストールしたり、不具合時に復旧したりできます。

Windows10のインストール手順

Windows10のインストール手順をまとめるとこのようになっています。

  1. Media Creation Tool(メディア作成ツール)をダウンロードする
  2. Media Creation Tool(メディア作成ツール)を使ってWindows10のインストーラーを作成する
  3. Windows10をインストールする

という流れです。

インストールメディアを持っていない場合、Windows10のインストールは3段階の手順を踏みます。

Media Creation Toolをダウンロード

まず、Windows10のMedia Creation Toolをダウンロードします。

Windows10ダウンロードページhttps://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Windows10のダウンロードページにある「ツールを今すぐダウンロード」ボタンをおすと、Media Creation Tool(メディア作成ツール)がダウンロードされます。

Media Creation Tool(メディア作成ツール)の実行ファイルは「MediaCreationTool~.exe」です。

2019年4月時点の最新は「MediaCreationTool1809.exe」です。

Windows10のインストーラーをダウンロードする

「MediaCreationTool~.exe」を実行すると、Windows10のインストーラーをダウンロードしてメディア作成します。

今回は、Windows10のインストーラーが入ったUSBメモリを作成してみます。

インストールする前に、あらかじめパソコンにUSBメモリをさしておきます。

「MediaCreationTool~.exe」をダブルクリックします。

適用される通知とライセンス条項がひらきます。「同意する」をクリックします。

実行する操作を選びます。今回はUSBメモリをインストールメディアにします。

「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」にチェックをいれて、「次へ」をクリックします。

言語、アーキテクチャ、エディションを選択します。デフォルトでは現在の言語、アーキテクチャ、エディションが表示されています。「次へ」ボタンをおします。

使用するメディアを選びます。「USBフラッシュドライブ」にチェックをいれて、「次へ」をおします。

USBフラッシュドライブを選択します。自分のパソコンのUSBメモリのドライブをクリックして、「次へ」をおします。

ここでWindows10のインストーラーのダウンロードがはじまります。

Windows10のインストーラーのダウンロードが完了すると、メディアの作成がはじまります。

USBフラッシュドライブの作成が完了しました。「完了」ボタンをおします。

これでWindows10 のインストーラーをダウンロードしてインストール用USBメモリを作成することができました。

USBメモリの中を見ると、Windows10のインストーラーが作成されていますね。

これで、Windows10 のインストーラーをダウンロード・USBメモリを作成することができました。

以上、Windows10のインストーラーをダウンロードする方法でした。

コメント