【Windows10】インストール メディアを作成する方法

スポンサーリンク

Windows10をインストールするには、インストールメディアを作成する必要があります。

  • Windows10のインストールメディアを持っていない
  • インストールメディアってどうやって作る?
  • クリーンインストールしたい
  • 再インストールしたい

今回は、Windows10 でインストールメディアを作成する方法を紹介します!

Windows 10のインストールメディアを作成する

インストールメディアの作成に必要なもの

まず事前準備をします。

● インストールメディア作成に必要なもの

  1. インターネットに接続できるパソコン
  2. USBメモリ

Windows10のインストール用メディアとして一般的なのは「USBメモリ」を使う方法です。DVDでも可能ですが、USBメモリの方が扱いやすいので、USBメモリを使うことをオススメします。

例えばこのようなメモリを準備してください。

このUSBメモリをWindows10のインストールメディアにしていきます。

● インストールメディアの作成手順

  1. MediaCreationToolをダウンロードする
  2. インストールメディアを作成する

Windows10のインストールメディアを作成するには、MediaCreationToolを使います。手順を順番に説明します。

1. MediaCreationToolをダウンロードする

Windows10のインストールメディアを作成するには、「MediaCreationTool」というツールを使います。「MediaCreationTool」がWindows10のダウンロードからメディア作成までを一括でやってくれます。

マイクロソフトの「MediaCreationTool」の ダウンロードページはこちらです。
ダウンロードページhttps://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Windows 10ダウンロードページの「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

ダウンロードが完了すると、「MediaCreationTool****.exe」が作成されます。

「****」は年月が入ります。

2. インストールメディアを作成する

次に、Windows10のインストールメディアを作成しましょう!

インストールメディアとして「USBメモリ」を使います。パソコンにUSBメモリをさしてください。

先ほどダウンロードした「MediaCreationTool****.exe」を実行します。

「適用される通知とライセンス条項」がひらきます。「同意する」をクリックします。

実行する操作を選びます。今回はUSBメモリをインストールメディアにします。

「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」にチェックをいれて、「次へ」をクリックします。

言語、アーキテクチャ、エディションを選択します。デフォルトでは現在の言語、アーキテクチャ、エディションが表示されています。「次へ」ボタンをおします。

使用するメディアを選びます。USBメモリは「USBフラッシュドライブ」のことです。「USBフラッシュドライブ」にチェックをいれて、「次へ」をおします。

USBフラッシュドライブを選択します。USBメモリのドライブをクリックして、「次へ」をおします。

Windows10のダウンロードがはじまります。

Windows10のダウンロードが完了すると、メディアの作成がはじまります。USBメモリに書き込みするため、USBメモリを抜かないように注意してください。

USBメモリへの書き込みが完了しました。「完了」ボタンをおします。

USBメモリを使って、Windows10 のインストールメディアを作成することができました。

インストールメディアを確認する

念のため、USBメモリの中を見てみましょう!

「setup.exe」がWindows10のインストーラーです。ちゃんとインストールメディアが作成されていることがわかりました。

このように、Windows10のインストールメディアは「MediaCreationTool」を使ってUSBメモリを作成します。やってみるとわりと簡単なので、ぜひWindows10のインストールメディアを作成してみてください!

以上、Windows10 でインストールメディアを作成する方法でした。

コメント