【Windows10】USBメモリを作成してクリーンインストールする方法

スポンサーリンク

Windows10 でクリーンインストールするには、あらかじめインストール用のUSBメモリを作成します。

  • Windows10のクリーンインストールの方法が知りたい
  • USBメモリってどうやって作る?

USBメモリがWindows10のインストーラーになるってことですね。

今回は、Windows10でUSBメモリを作成してクリーンインストールする方法を紹介します。

Windows10をクリーンインストールする手順

Windows10をクリーンインストールする手順はこちらです。

  1. インストール用USBを作成する
  2. クリーンインストールする

「インストール用USBの作成」と「クリーンインストールする手順」を順番に説明します。

1. インストール用USBを作成する

MediaCreationToolをダウンロード

Windows10のインストール用USBを作成するには、まずWindows10をインターネットからダウンロードします。

マイクロソフトのWindows10 ダウンロードページはこちらです。

マイクロソフト ダウンロードページhttps://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Windows 10ダウンロードページの「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

ダウンロードしたセットアップファイル「MediaCreationTool****」を実行します。「****」は年月が入るようです。

この「MediaCreationTool」をつかって、インストールファイルをUSBメモリに書き込みます。パソコンにUSBメモリをさしてください。

USBメモリをインストールメディアとして作成する

次にUSBメモリをWindows10のインストールメディアとして作成します。

「MediaCreationTool****」をダブルクリックすると、適用される通知とライセンス条項がひらきます。「同意する」をクリックします。

実行する操作を選びます。今回はUSBメモリをインストールメディアにします。

「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」にチェックをいれて、「次へ」をクリックします。

言語、アーキテクチャ、エディションを選択します。デフォルトでは現在の言語、アーキテクチャ、エディションが表示されています。「次へ」ボタンをおします。

使用するメディアを選びます。「USBフラッシュドライブ」にチェックをいれて、「次へ」をおします。

USBフラッシュドライブを選択します。自分のパソコンのUSBメモリのドライブをクリックして、「次へ」をおします。

Windows10のダウンロードがはじまります。

Windows10のダウンロードが完了すると、メディアの作成がはじまります。

インストール用のUSBメモリが作成完了しました。「完了」ボタンをおします。

これでWindows10 のインストール用USBメモリを作成することができました。

USBメモリの中のインストールファイルを確認する

USBメモリの中を見ると、Windows10のインストーラーが作成されていますね。

Windows10 Pro・homeはパソコンに新規インストールすることができます。

バージョン1803になります。他のバージョンでもインストール方法は大きく変わりませんので、参考にはなるかと思います。

今回は、Windows10 Pro・homeを新規インストールする方法を紹介します!

2. クリーンインストールする

Windows10をインストールする

先ほど作成したUSBメモリをPCのメモリスロットに差し込んでください。

PCを再起動してください。

PCが起動すると、ブート画面に移行し、Windows10のインストールがはじまります。

セットアップがはじまりました。「次へ」をおします。

「今すぐインストール」をおします。

Windows10のライセンス認証をします。プロダクトキーを入力して「次へ」をおします。ここでプロダクトキーを入力しなくても後から入力することも可能です。その場合は「プロダクトキーがありません」をおします。

インストールするオペレーティングシステムを選択します。インストールしたいものを選択してください。今回は、「Windows10 Pro」を選択します。Homeの場合は「Windows10 Home」を選択してください。「次へ」をおします。

ライセンスを読み、同意する場合は「同意します」にチェックを入れ、「次へ」をおします。

インストールの種類を選びます。今回は新規インストールするので、「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」を選びます。

Windowsをインストールする場所を選びます。

今回は新規パソコンにインストールします。ハードディスクがフォーマットされていないため、インストールするドライブに割り当てがありません。「新規」をおし、新規ドライブの「サイズ」を入力し、「適用」ボタンをおしてドライブの割り当てをします。(すでにCドライブを作成しているPCの場合はドライブを選択するだけなので、この作業は不要です)

システム用のパーティションが作成される警告が表示されます。「OK」をおします。

ドライブが新規に作成されました。この中からWindows10をインストールするドライブを選択します。「次へ」をおします。

Windows10のインストールがはじまります。時間がかかるのでしばらく待ちます。

しばらくすると、自動的に再起動します。

再起動後にWindows10の準備がはじまります。

Windows10を設定する

地域を選んで「はい」をおします。

キーボードレイアウトを指定します。特に変更する必要がなければそのまま「次へ」をおします。

2つ目のキーボードレイアウトを追加する場合は追加します。今回はしないので、「スキップ」をおします。

個人か組織を選択します。今回は「個人用に設定」をおし、「次へ」をおします。

Microsoftアカウントを入力し、「次へ」をおします。もしMicrosoftアカウントがなければ「オフラインアカウント」をおします。今回はMicrosoftアカウントなしのオフラインアカウントを作成します。

オフラインアカウントを作成するため「いいえ」をおします。

アカウント名を入力します。任意のユーザー名を入力し、「次へ」をおします。

パスワードを入力し、「次へ」をおします。

再度、パスワードを入力し、「次へ」をおします。

セキュリティの質問を作成します。面倒ですが、これを3回設定します。「次へ」をおします。

セキュリティの質問2回目を作成し、「次へ」をおします。

セキュリティの質問3回目を作成し、「次へ」をおします。

Cortanaをパーソナルアシスタントとして指定する場合は「はい」、指定しない場合は「いいえ」をおします。今回は「いいえ」をおします。

このあたりは後からでも設定を変更できるので、もしよくわからない場合は適当におしてあとから設定すればよいです。

デバイスのプライバシー設定をします。任意の設定をし、最後に「同意」をおします。今回はすべて「いいえ」にしました。

しばらく時間がかかるので待ちます。

しばらく待つと、Windows10が起動しました!

これでWindows10のクリーンインストールは完了です。

プロダクトキーはAmazonが安い

Windows10を購入していない場合は、アマゾンでプロダクトキーを購入する安く購入できます。

以上、Windows10のUSBメモリを作成してクリーンインストールする方法でした。

コメント