Windows10 インストール用USBメモリを作成する手順

Windows10 ではインストール用USBメモリを作成することができます。

新規インストールする場合、再インストールする場合でもインストール用メディアを作成しておく必要があります。

USBメモリのインストールメディアがあれば、同じパソコンはもちろん、別のパソコンに新規インストールする際にも使えます。

Windows10 でインストール用USBメモリを作成する手順を紹介します。

Windows 10をダウンロードする

Windows10のインストール用USBを作成するには、まずWindows10をダウンロードします。

マイクロソフトのWindows10 ダウンロードページはこちら

ダウンロードページhttps://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

MediaCreationToolをダウンロード

Windows 10ダウンロードページの「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

ダウンロードしたセットアップファイル「MediaCreationTool****」を実行します。「****」は年月が入るようです。

USBメモリを準備

注意点として、インストールする前に、あらかじめパソコンにUSBメモリをさしておきます。

これからUSBメモリにインストールファイルを書き込んでいきます。

Windows10 メディアを作成(USBメモリ)

USBメモリをインストールメディアとして作成する

次にUSBメモリをWindows10のインストールメディアにします。

適用される通知とライセンス条項がひらきます。「同意する」をクリックします。

実行する操作を選びます。今回はUSBメモリをインストールメディアにします。

「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」にチェックをいれて、「次へ」をクリックします。

言語、アーキテクチャ、エディションを選択します。デフォルトでは現在の言語、アーキテクチャ、エディションが表示されています。「次へ」ボタンをおします。

使用するメディアを選びます。「USBフラッシュドライブ」にチェックをいれて、「次へ」をおします。

USBフラッシュドライブを選択します。自分のパソコンのUSBメモリのドライブをクリックして、「次へ」をおします。

Windows10のダウンロードがはじまります。

Windows10のダウンロードが完了すると、メディアの作成がはじまります。

USBフラッシュドライブの作成が完了しました。「完了」ボタンをおします。

これでWindows10 のインストール用USBメモリを作成することができました。

USBメモリの中のインストールファイルを確認する

USBメモリの中を見ると、Windows10のインストーラーが作成されていますね。

以上、Windows10 のインストール用USBメモリを作成する手順でした。

コメント