Windows10 ISOファイルをダウンロードして作成する方法

Windows10のインストーラーはインターネット経由でダウンロードすることができます。

インストールする形式はISOファイル、USBメモリ、DVDから選択することが可能です。

  • ISOファイル
  • USBメモリ
  • DVD

今回は、Windows10のISOファイル(ディスクイメージ)をダウンロードする方法を紹介します!

※Windows10のインストーラーをUSBメモリで作成する場合はこちらを参照してください。

Windows10 インストール用USBメモリを作成する手順

Windows10のISOをダウンロードする

Windows10のISOファイルを作成するには、まずWindows10をダウンロードします。

マイクロソフトのWindows10 ダウンロードページはこちらです。

ダウンロードページWindows 10 のダウンロード

MediaCreationToolをダウンロードする

Windows 10のダウンロードには「メディア作成ツール」を使います。ダウンロードページの「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

ダウンロード後、ダウンロードされたセットアップファイル「MediaCreationTool****」を実行します。「****」は年月が入るようです。

Windows10 ISOを作成する

Windows10のISOをセットアップ

次にWindows10のISOファイルを作成します。

適用される通知とライセンス条項がひらきます。「同意する」をクリックします。

実行する操作を選びます。今回はISOファイルを作成するため、「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」にチェックをいれて、「次へ」をクリックします。

言語、アーキテクチャ、エディションを選択します。デフォルトでは現在の言語、アーキテクチャ、エディションが表示されています。「次へ」ボタンをおします。

使用するメディアを選択します。今回は「ISOファイル」を選択し、「次へ」をクリックします。

ダウンロード先を決定します。ダウンロード先を決めて「保存」ボタンをおします。

Windows10のダウンロードがはじまります。ダウンロードにはそれなりに時間がかかるのでしばらく待ちます。

ダウンロードが終わると、ISOファイルの作成がはじまります。

しばらくたつとWindows10のISOファイル作成が完了します。

ISOファイルの使い方

「ISOファイルをDVDにコピーしてください」とあるように、ISOファイルはこのままでは使えません。

通常は、DVDに焼いてWindows10のインストールDVDを作成する必要があります。

参考記事Windows10 ISOファイルをDVDへ書き込む方法(Windows標準)

ISOファイルの使い方を参考までに。

  • DVDに焼いて通常のWindows10インストールDVDを作成する
  • Windows10インストーラーのバックアップとしてISOのまま保管しておく
  • 仮想環境用のインストーラーとしてISOのまま使用する

ISOファイルは色々な使い方ができて便利なので、ダウンロードしておくと便利かと思います。

以上、Windows10でISOファイルをダウンロードする方法でした。

 

コメント