Windows10 EdgeでWebページの閲覧履歴を消去する方法

パソコンで閲覧したWebページは、「閲覧履歴」として記録されてしまいます。

他の人と共有しているパソコンを使用する場合には、閲覧したWebページを他の人に知られることがあります。

また、サインインが必要なWebページを閲覧してパスワードを保存してしまった場合、そのパソコンを使用する他の人も閲覧履歴からそのWebページを閲覧することができ、個人的な情報を知られてしまう可能性があります。

こういったことから、他の人と共有しているパソコンを使用するときは、閲覧履歴を消去しておくと安全です。

今回は、Windows10に標準搭載されているEdgeでWebページの閲覧履歴を消去する方法を紹介します。

Webページの閲覧履歴を消去するには

「ハブ」ボタンをクリックします。

「履歴」画面が表示されます。

「履歴」画面が表示されていない場合は、左側の「履歴」をクリックします。

「履歴のクリア」をクリックします。

「閲覧データの消去」画面が表示されます。

「閲覧の履歴」がチェックされていることを確認します。

デフォルトでは、「閲覧の履歴」「Cookieと保存済みのWebサイトデータ」「キャッシュされたデータとファイル」「保存して閉じたタブや最近閉じたタブ」がチェックされていますが、必要があればその他の項目もチェックします。

「クリア」ボタンをクリックします。

Webページの閲覧履歴が消去されました。

Webページを閲覧した都度、閲覧履歴を消去するのが大変な場合は、「ブラウザーを閉じるときに、常にこれを消去する」をオンにしておくとEdgeを閉じるタイミングで閲覧履歴が消去されるので便利です。

ショートカットキーで素早く閲覧履歴を消去する

ショートカットキーを使うと、「履歴データの消去」画面がダイレクトに表示され、素早くWebページの閲覧履歴を削除することができます。

ショートカットキーを使う手順

「Ctrl」キー、「Shift」キー、「Delete」キーを同時に押します。

「履歴データの消去」画面が表示されます。

以降の手順は、「ハブ」ボタンからWebページの閲覧履歴を消去する場合と同じです。

 

以上、Windows10に標準搭載されているEdgeでWebページの閲覧履歴を消去する方法でした。

コメント