Windows10 OneNoteで付箋を使う方法

Windows10には、いくつかの付箋機能が搭載されています。

参考記事Windows10 付箋機能の種類

今回は、Windows10に搭載されているOneNoteで付箋を使う方法を紹介します。

OneNoteとは

OneNoteとは、自分専用のデジタルノートブックのことです。

記録しておきたいさまざまな情報をまとめることができます。

OneNoteでは、メモ全体を「ノートブック」といいます。

ノートブックにはページを複数追加することができメモをページごとに分けることもできます。

メモは入力するだけでなく、手書きで描画したり、画像などを貼り付けたりすることもできます。

作成したメモは自動的にWeb上の保存場所であるOneDriveに保存されます。

インターネットに接続できる環境さえあれば、パソコンだけでなくスマートフォンなどからもいつでもどこでもメモを閲覧・編集することができます。

 

OneDriveについては他の記事で紹介していますので参考にしてください。

参考記事Windows10 OneDriveを利用する方法

OneNoteを起動する

まず、OneNoteを起動します。

画面左下の「スタート」ボタンからスタートメニューを表示します。

アプリ一覧から「OneNote」をクリックします。

OneNoteが起動します。

初めて起動する場合やサインアウトしている場合は、サインイン画面が表示されます。

 

上記以外にもアプリを起動する方法がいくつかあるので、好みの方法でStickey Notesを起動して下さい。

OneNoteにサインインする

初めてOneNoteを起動する場合やサインアウトしている場合は、サインインが必要です。

OneNote起動時にサインイン画面が表示されます。

マイクロソフトアカウントのメールアドレスを入力します。

「次へ」ボタンをクリックします。

OneNoteで使用するアカウントを選択します。

「続行」ボタンをクリックします。

OneNoteの画面が表示されます。

OneNoteを使ってメモを残す

見出しの入力

ページ上部をクリックします。

カーソルが表示されるので、メモのタイトルを入力します。

メモの入力

ページ内をクリックします。

メモを入力します。

メモは複数追加できます。

 

メモは自動的にWeb上の保存場所であるOneDriveに保存されます。

OneNoteの使い方いろいろ

OneNoteでは、色々な方法でメモを入力することができます。

代表的な方法を紹介します。

ノートブックにページを追加する

ページタイトルが表示されている一覧の画面左下にある「+ ページ」をクリックします。

ページが追加されます。

メモの内容(行)を移動する

メモの左側にある四角の矢印にマウスポインターを移動してドラッグします。

任意の場所に移動します。

 

メモの大きさを変更する

メモの右側の辺にマウスポインターを移動してドラッグします。

任意の大きさに変更します。

メモを移動する

メモの上部の辺にマウスポインターを移動し、ドラッグして任意の場所に移動します。

手書きで描画する

「描画」タブをクリックします。

ペンを選択します。

ページ内にドラッグすると、手書きで描画できます。

既存のメモ内部はもちろん、ページ内であればどこにでも描画できます。

手書きをやめる場合は、一番左側のアイコンをクリックします。

 

以上、Windows10に搭載されているOneNoteで付箋を使う方法でした。

コメント