【Excel】オートフィルタでデータを抽出する方法

スポンサーリンク

Excel(エクセル)では、オートフィルタを使ってデータを抽出することができます。

  • オートフィルタをつかって条件をつけて目的のデータを抽出したい
  • 大量のデータから目的のデータをすぐに探したい
  • オートフィルタの使い方がわからない

Excelのデータはオートフィルタをつかって簡単に検索したいデータを抽出できます。大量のデータを検索する場合でもかんたんに抽出することができます。

今回は、Excel(エクセル)のオートフィルタをつかってデータを抽出する方法を紹介します!

Office 365 2019 2016 2013

Excelのオートフィルタでデータを抽出する

それではさっそく、Excelのオートフィルタをつかってデータ抽出してみましょう!

オートフィルタで抽出する

まずはExcelのオートフィルタを設定してみましょう!

オートフィルタを設定するには、データが入力されているセルをどこでもいいので選択します。

ここでは「A2」セルを選択しました。

「データ」タブにある「フィルター」をクリックします。すると、1行目のヘッダー部分に下三角のボタンが追加されました。

このボタンをおすことで、条件を設定してデータを抽出することができます。

ここではB1セルの矢印ボタンをおし、「1-B」のみチェックを入れて「OK」ボタンをおしました。

すると、設定した条件のデータのみが抽出されました。

複数列に条件をつけて抽出する

先ほどのオートフィルタはB列だけで抽出しました。オートフィルタは複数列の条件も抽出できます。

先ほどの続きです。B列はすでにオートフィルタで抽出されています。次にC列に条件を指定しました。

すると、B列・C列にそれぞれ条件を指定してデータを抽出することができました。

このようにオートフィルタは複数列に対して条件を指定してデータを抽出することもできます。

オートフィルタを解除する

オートフィルタは解除することもできます。

オートフィルタを解除するには、「データ」タブにある「フィルター」をクリックして、フィルターを解除します。

これでデータの抽出も解除され、ボタンも消え、元に戻りました。

Excelのオートフィルタを使うと、このように簡単に条件をつけてデータを抽出することができます。オートフィルタはExcelの基本中の基本なので、ぜひ活用してみてください!

Officeヘルプオートフィルターを使ってデータにフィルターを適用する

以上、Excel(エクセル)のオートフィルタでデータを抽出する方法でした。

 

コメント