【Excel】セル内で改行する方法

スポンサーリンク

Excel(エクセル)ではセル内で改行することができます。

  • セルの中で改行したい
  • ENTERキーを押すとセルからカーソルが抜けてしまう
  • 改行の仕方がわからない
  • 改行を消したい

今回は、Excel(エクセル)でセル内で改行する方法を紹介します!

Office 365 2019 2016 2013 2010

Excelでセル内で改行する方法

Enterキーでは改行できない

通常、改行する場合は Enter キーをおします。

Excelのセルで文字を入力し、改行したくて Enter キーをおします。

すると改行されずにカーソルがセルを抜けてしまいます。

これは、Excelの改行は Enter キーではなく、Alt + Enter キーだからです。

セル内で改行する (Alt + Enter)

それではさっそく、Excelのセル内で改行してみましょう!

セル内で改行は、Alt  キーをおしながら Enter キーをおします。

 セル内改行 : Alt キー + Enter キー

文字を入力中に改行する

文字を入力します。改行したいところにカーソルを入れて、Alt + Enter キーをおします。

すると、セル内で改行できました。

そして続きの文字を入力します。

これでセル内で改行して入力することができました。

入力済みの文字を改行する

すでに入力済みの文字も、もちろん改行できます。

改行したい位置にカーソルをあわせます。

ここでAlt + Enter キーをおします。すると改行されました。

改行を取り消す(削除する)

Excelのセル内で改行することはできました。この改行はあとから取り消して削除することもできます。

まずは改行された位置の先頭にカーソルをあわせます。

この位置で、BackSpace キーをおします。

改行を削除して、元の文字に戻すことができました。

このように、Excelはセル内で自由に改行したり、改行を取り消したりできるので、ぜひ使ってみてください!

Officeヘルプセル内に改行を挿入する

以上、Excelのセル内で改行する方法でした。

 

コメント