【Excel】ファイルを丸ごと保護する

スポンサーリンク

Excel(エクセル)ではファイルを丸ごと保護して編集できないようにする。

  • Excelファイルを丸ごと保護して編集不可としたい
  • すべてのシートを保護したい
  • 他の人にファイルを編集されたくない
  • パスワードつきで保護したい

そんなときは、Excelファイル自体を保護して編集不可にしましょう!

今回は、Excel(エクセル)のファイルを丸ごとシートを保護して編集できないようにする方法を紹介します!

Office 365 2019 2016 2013 2010

Excelファイルを丸ごと保護して編集不可にする

それではさっそく、Excelファイルを保護して編集できないようにしてみましょう!

Excelファイル自体を保護する

ここではシート・セルではなく、ファイル自体を丸ごと保護して編集できないようにします。

「ファイル」タブをクリックします。

「ブックの保護」をクリックします。

「ブックの保護」をクリックして任意の保護を選択します。

Excelファイルを保護する際によく使用するものを3つ紹介します。

  1. 常に読み取り専用で開く・・・閲覧可能。編集可・不可を選択。パスワードなし。
  2. パスワードを使用して暗号化・・・パスワードを入力しないと閲覧・編集不可。
  3. 最終版にする・・・閲覧可能。編集不可。パスワードなし。

 

常に読み取り専用で開く

「常に読み取り専用で開く」にすると、ファイルを開く際、「読み取り専用で開きますか?」と読み取り専用で開くことを促します。

「いいえ」とすると編集ができます。

パスワードを使用して暗号化

「パスワードを使用して暗号化」にすると、ファイルを開く際、パスワードが求められます。

パスワードを知っている人だけがファイルを開くことができます。これが安全で簡単ですね。

最終版にする

「最終版にする」と閲覧はできますが編集はできなくなります。

最終版のExcel はこのようにステータスバーに「最終版」と表示されます。

「編集する」ボタンをおすと編集できます。

 

パスワードを設定した場合は、再度パスワードの確認が求められます。もう一度パスワードを入力してください。

これでExcelファイルを保護して編集不可となりました。

 

このようにExcelファイルを丸ごと保護して編集できないようにできるので、編集されたくないExcelファイルががあったらぜひExcelファイルごと保護・ロックしてみてください!

OfficeヘルプExcel ファイルを保護する

以上、Excelでファイルを丸ごと保護して編集できないようにする方法でした。

コメント