【Excel】特定のセルだけ保護(ロック)する方法

スポンサーリンク

Excel(エクセル)では特定のセルだけ保護・ロックして編集できないようにすることができます。

  • 一部のセルだけ保護して編集不可としたい
  • 一部のセルだけ入力可能にしたい
  • 入力フォーム・アンケートで定型箇所は変更不可としたい
  • 計算式・関数を修正できないようにしたい

そんなときは、特定のセルだけ保護・ロックして編集不可にしましょう!

今回は、Excel(エクセル)で特定のセルだけ保護・ロックして編集できないようにする方法を紹介します!

Office 365 2019 2016 2013 2010

Excelで特定のセルだけ保護・ロックして編集不可にする

それではさっそく、特定のセルだけ保護・ロックして編集できないようにしてみましょう!

手順

  1. 入力可能なセルのロックをオフにする
  2. シート全体をロック・保護する

入力可能なセルのロックをオフにする

今回はこのシートの黄色セルを入力可能にし、白色セルは入力不可にします。

まずは、入力可能にしたいセルを選択します。

セルを選択したら、右クリックをして「セルの書式設定」をクリックします。

「保護」タブをクリックし、「ロック」のチェックを外して「OK」ボタンをおします。

これで入力可能なセルの設定は完了です。

シート全体をロック・保護する

次に、シート全体をロック・保護します。シート全体をロック・保護しても、先ほど設定したセルだけは入力可能になります。

「校閲」タブをクリックし、「シートの保護」をクリックします。

 

「シートとロックされたセルの内容を保護する」にチェックが入っていない場合はチェックを入れます。

「シートを保護するためのパスワード」は必要であれば入力します。パスワードは設定しておくことをおススメします。パスワードをかけないとシートのロック・保護を誰でも解除することができてしまいます。

最後に「OK」ボタンをおします。

パスワードを設定した場合は、再度パスワードの確認が求められます。もう一度パスワードを入力してください。

これでシートを保護してシートが編集不可となりました。

特定のセルだけ入力できる・その他のセルは入力できない

これで設定は完了です。さっそく特定のセルだけ入力でき、その他のセルは入力できないことを確認してみましょう!

黄色のセルには入力できました。

B3セルを書き換えようとすると、このようにエラーメッセージが表示されます。

最初にロックを外したセルには入力できますが、それ以外はロック・保護されているので編集できませんでした。

 

このようにExcelの特定のセルだけ入力可にしたり、入力不可にすることが、セルの保護・シートの保護を使えば簡単にできてしまうので、入力フォームやアンケートなどでぜひ試してみてください!

Officeヘルプ保護されたワークシートで特定の範囲をロックまたはロック解除する

以上、Excelで特定のセルだけ保護(ロック)する方法でした。

コメント