【Excel】シートを保護して編集できないようにする

スポンサーリンク

Excel(エクセル)ではシートを保護して編集できないようにする。

  • シートを保護して編集不可としたい
  • 閲覧専用にしたい
  • 他の人にファイルを編集されたくない
  • パスワードつきで保護したい

そんなときは、シートを保護して編集不可にしましょう!

今回は、Excel(エクセル)でシートを保護して編集できないようにする方法を紹介します!

Office 365 2019 2016 2013 2010

Excelでシートを保護して編集不可にする

シートを保護する

それではさっそく、シートを保護して編集できないようにしてみましょう!

まずは、編集できないようにするシートを開きます。シートを開いた状態で「校閲」タブをクリックし、「シートの保護」をクリックします。

「シートとロックされたセルの内容を保護する」にチェックが入っていない場合はチェックを入れます。

「シートを保護するためのパスワード」は必要であれば入力します。

最後に「OK」ボタンをおします。

パスワードを設定した場合は、再度パスワードの確認が求められます。もう一度パスワードを入力してください。

これでシートを保護してシートが編集不可となりました。

シート保護中のシートを編集すると、このようにエラーメッセージが表示されます。

パスワードがないとシート保護が解除されてしまう

シートを保護する際、パスワードを設定しなくてもシートは保護され編集不可となります。

ただし、「シート保護の解除」を押せば誰でもシート保護を解除して編集できるようになります。ちょっとExcelに詳しい人なら保護を解除できてしまいます。

パスワードを設定しておくと、解除するときにパスワードが必要になるので簡単に解除できなくなります。

セキュリティ面を考えるとシート保護のパスワードは設定しておくことをおススメします。ただし、パスワードは忘れないようにしっかりと管理してください。

 

このようにExcelのシートは簡単に保護して編集できないようにできるので、編集されたくないシートがあったらぜひ試してみてください!

Officeヘルプワークシートを保護する

以上、Excelでシートを保護して編集できないようにする方法でした。

コメント