【Excel】レ点を入力する3つの方法

Excel(エクセル)ではレ点(チェックマーク)を入力することができます。

  • レ点を入力したい
  • 四角にレ点をうちたい
  • 入力フォームにレ点を入力したい

そんなときはExcelでレ点を入力してみましょう!

今回は、Excel(エクセル)でレ点を入力する3つの方法を紹介します!

Office 365 2019 2016 2013 2010

Excelでレ点を入力する

それではさっそく、Excelのレ点を入力してみましょう!

Excelでレ点を入力するには、おもに3つの方法があります。

  1. 文字変換する
  2. 記号を挿入する
  3. チェックボックスを使う

1.レ点を入力する(文字変換する)

まずは一番簡単な方法で、文字変換してレ点を入力してみます。

セルに「チェック」と入力し、変換します。

四角内にチェックしたレ点や単にレ点だけのものもあるので好みのレ点に変換してください。

これで文字変換してレ点を入力することができました。

2.レ点を入力する(記号を挿入する)

次に、記号を挿入してレ点を入力してみましょう!

「挿入」→「記号と特殊文字」をクリックします。

「フォント」を「Wingdings」に変更し、下の方へスクロールすると、レ点があります。四角つきのレ点もありますね。任意のレ点を選択し、「挿入」ボタンをおします。

これで記号を挿入してレ点を入力することができました。

3.レ点を入力する(チェックボックスを使う)

3つ目の方法は、レ点をチェックできるコントロール「チェックボックス」を使う方法です。

「ファイル」をクリックします。

「オプション」をクリックします。

「リボンのユーザー設定」をクリックし、右側の「開発」にチェックを入れて「OK」ボタンをおします。

Excelのリボンに「開発」タブが追加されました。

「開発」タブをクリックし、「挿入」→「チェックボックス」をクリックします。

任意の場所でマウスをドラッグします。するとチェックボックスが表示されました。

これはチェックボックスなので、ここにチェックを入れると自動的にレ点がうたれます。

チェックボックスのテキストを編集したい場合は、右クリックして「テキストの編集」をおせば、文字を変更できます。

このように、Excelではレ点を文字変換したり、記号として挿入したり、チェックボックスを使って入力することができるので、ぜひ使ってみてください!

Officeヘルプチェック マークやその他の記号を挿入する

以上、Excelのレ点を入力する方法でした。

 

コメント