【Office365 Word】簡単に文字を斜体にする方法

Office365のWordでは、簡単に文字を斜体にすることができます。

  • 文字を強調したい
  • 文字を目立たせたい
  • その文字に注目してほしい
  • 重要な部分を目立たせたい
  • 文書の目的を明確にしたい

そんなときは、Office365のWordで文字を斜体にしてみましょう!

今回は、Office365のWordで簡単に文字を斜体にする方法を紹介します。

Office365 Word ここから文字を斜体にする

Office365のWord文字を斜体にするには、フォントの設定画面からおこないます。

フォントの設定画面はいくつかの方法で表示することができます。

  1. ミニツールバーから文字を斜体にする
  2. リボンから文字を斜体にする
  3. 「フォント」ダイアログから文字を斜体にする

ミニツールバーから文字を斜体にする

1つ目の方法は、ミニツールバーから文字を斜体にします。

斜体にしたい文字を範囲選択すると、Wordの文書上でフォントの設定ができるミニツールバーが表示されます。

マウスをリボンまで移動する手間が省け、効率的にフォントを変更することができます。

リボンから文字を斜体にする

2つ目の方法は、リボンから文字を斜体にします。

Office365のWord画面上部に表示されるリボンの「ホーム」タブにフォントの設定画面が表示されます。

「フォント」ダイアログから文字を斜体にする

3つ目の方法は、「フォント」ダイアログから文字を斜体にします。

Office365のWord画面上部に表示されるリボンの「ホーム」タブに表示されるフォントの設定画面の矢印(↘)をクリックします。

「フォント」ダイアログが表示されます。

スタイルや色など、その文字に複数の変更点がある場合は、一度に変更できるので便利です。

「スタイル」の「斜体」をクリックして「OK」ボタンをクリックすると、選択した文字が斜体になります。

 

それではさっそく、Office365のWordで文字を斜体にしてみましょう!

Office365のWordで簡単に文字を斜体にする

文字を斜体にする

Office365のWordを起動し、ファイルを開きます。

参考ページOffice365 Wordファイルを開く方法

斜体にしたい文字をドラッグで範囲選択します。

   

文字を選択すると、ミニツールバーが表示されます。

ミニツールバーの「I」をクリックします。

この「I」は「Italic(斜体)」の頭文字です。

選択した文字が斜体になります。

文字の範囲選択を解除するには

文字に斜体を設定したあとも、文字の範囲選択は自然に解除されません。

Office365のWordの画面上をクリックして、文字の範囲選択を解除します。

(下図の赤枠内のどこかをクリックすると、文字の範囲選択が解除されます。)

文字の範囲選択が解除されました。

Office365のWordで斜体にした文字を元に戻すには

斜体にした文字を元に戻す

斜体にした文字を元の状態に戻す場合は、斜体にした文字を範囲選択してミニツールバーの「I」をクリックします。

 

これで、Office365のWordで簡単に文字を斜体にすることができました。

文字を斜体にすると、文書で伝えたいことを強調して明確にすることができます。

ぜひ、試してみてください!

 

以上、Office365のWordで簡単に文字を斜体にする方法でした。

コメント