Office365 Wordファイルに名前を付けて保存する

スポンサーリンク

Office365のWordで文書を作成したら、ファイルを保存しておきましょう。

ファイルを保存しておくと、あとからその文書を編集したりすることができます。

一度作成した文書を何度も利用できるのは便利ですよね。

今回は、Office365のWordで新規に作成した文書を保存する方法を紹介します。

Office365 Wordを起動する

スタートメニューを表示する

Office365のWordは、いくつかの方法で起動することができますが、今回はスタートメニューから起動します。

参考ページWindows10 アプリを起動する方法

パソコン画面左下のWindowsマークの「スタート」ボタンをクリックします。

スタートメニューが表示されます。

Wordを起動する

アプリ一覧から、「Word」をクリックします。

以前のMicrosoft Officeは、Wordなどのアプリケーションが「Microsoft Office 2013」というようなグループにまとめられていましたが、Office365ではアプリケーションはまとめられおらず、アプリケーションごとにメニューに表示されます。
以前のMicrosoftOfficeのようにグループにまとめる方法を Office365 スタートメニューのOfficeアプリケーションをまとめる で紹介しています。

Office365のWordが起動します。

Office365 Wordファイルに名前を付けて保存するには

Wordファイルを新規作成する

Office365のWordで文書を新規に作成します。

参考ページ:Office365 Wordファイルを新規に作成する方法

今回は、Office365のWord起動時に表示される「白紙の文書」をクリックして文書を新規に作成します。

「白紙の文書」をクリックすると、新しく白紙のページが表示されるので、文書を新しく作成します。

このとき、画面上部のタイトルバー(青色の部分)には、新規に文書を追加したときにつけられる「文書1」というような名称が表示されます。

「名前を付けて保存」画面を表示する

Office365のWord画面左上の「ファイル」をクリックします。

ファイル画面が表示されます。

 

ファイル画面左側の「名前を付けて保存」をクリックします。

「名前を付けて保存」画面が表示されます。 

Wordファイルの保存場所を選択する

「名前を付けて保存」画面にファイルの保存場所の候補が表示されます。

任意の保存場所をクリックします。

今回は「このPC」をクリックします。

「このPC」以外で保存する方法は、「Office365 Wordファイルが保存できる場所」で紹介しています。

Wordファイルの保存場所などを指定できる画面が表示されます。

このとき、Wordファイルの保存場所はデフォルトで「ドキュメント」フォルダーが指定されます。

「ドキュメント」以外にフォルダーを指定する方法は、「Office365のWordファイルをフォルダーを指定して保存する」で紹介しています。

Wordファイルの名前をつける

Office365のWordで作成した文書に名前をつけます。

「名前を付けて保存」画面の「ここにファイル名を入力してください」と表示されている欄に任意の名前を入力します。

Wordファイルを保存する

Office365のWordで作成した文書に名前をつけたら、いよいよWordファイルを保存します。

このとき、基本的には、ファイル形式はデフォルトで指定される「Word文書(*.docx)」のままにしておきます。

「名前を付けて保存」画面の「保存」ボタンをクリックします。

Wordファイルの名前が入力されていない場合は、「保存」ボタンが無効になっていてクリックすることができません。

「保存」ボタンをクリックすると、Office365のWordの文書作成画面に戻ります。

このとき、画面上部のタイトルバー(青色の部分)には、「名前を付けて保存」画面で入力したWordファイルの名前と保存の有無が表示されます。

 

 

これで、Office365のWordで新規に作成した文書を保存することができました。

作成した文書を保存しておくと、あとから何度でも利用することができて便利です。

 

以上、Office365のWordで新規に作成した文書を保存する方法でした。

 

コメント