Office365 Wordファイルを上書き保存する

Office365のWordで文書を作成したら、ファイルを保存しておきましょう。

ファイルを保存しておくと、あとからその文書を編集したりすることができます。

一度作成した文書を何度も利用できるのは便利ですよね。

今回は、Offce365のWordで過去に作成した文書を上書き保存する方法を紹介します。

Office365 Wordを起動する

スタートメニューを表示する

Office365のWordは、いくつかの方法で起動することができますが、今回はスタートメニューから起動します。

参考ページWindows10 アプリを起動する方法

パソコン画面左下のWindowsマークの「スタート」ボタンをクリックします。

スタートメニューが表示されます。

Wordを起動する

アプリ一覧から、「Word」をクリックします。

以前のMicrosoft Officeは、Wordなどのアプリケーションが「Microsoft Office 2013」というようなグループにまとめられていましたが、Office365ではアプリケーションはまとめられおらず、アプリケーションごとにメニューに表示されます。
以前のMicrosoftOfficeのようにグループにまとめる方法を Office365 スタートメニューのOfficeアプリケーションをまとめる で紹介しています。

Office365のWordが起動します。

Office365 Wordファイルを上書き保存するには

Wordファイルを開く

Office365のWordで過去に作成した文書を開きます。

参考ページ:Office365のWordファイルを開く方法

今回は、Office365のWord起動時に表示される「開く」からWordファイルの保存場所を参照してWordファイルを開きます。

画面左側に表示される「開く」をクリックします。

Wordファイルの保存場所を参照する

Wordファイルの保存場所が表示されるので、「その他の場所」から「参照」をクリックします。

「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。

開きたいファイル名をダブルクリックします。

Office365のWordファイルが表示されます。

Wordファイルを上書き保存する

任意の内容に編集したあと、Office365のWord画面左上の「ファイル」をクリックします。

「上書き保存」をクリックします。

     

 

これで、Office365のWordで過去に作成した文書を編集したあと、ファイル名はそのままで編集した内容を元のファイルに上書きして保存することができました。

作成した文書を保存しておくと、このようにあとから何度でも利用することができて便利です。

 

以上、Office365のWordで過去に作成した文書を上書き保存する方法でした。

 

コメント