Office365 ピン留めしたWordファイルを開く

スポンサーリンク

Office365のWordでは、ピン留めしたWordファイルの一覧から目的のWordファイルを開くことができます。

わざわざエクスプローラーを起動したりしなくても、Office365のWordを起動するだけで目的のWordファイルをすばやく開くことができます。

よく利用するWordファイルをピン留めしておくと、すぐにそのファイルを見つけて開くことができるので便利です。

今回は、Office365のWordでピン留めしたWordファイルを開く方法を紹介します。

Office365 Wordを起動する

スタートメニューを表示する

Office365のWordは、いくつかの方法で起動することができますが、今回はスタートメニューから起動します。

参考ページWindows10 アプリを起動する方法

パソコン画面左下のWindowsマークの「スタート」ボタンをクリックします。

スタートメニューが表示されます。

Wordを起動する

アプリ一覧から、「Word」をクリックします。

以前のMicrosoft Officeは、Wordなどのアプリケーションが「Microsoft Office 2013」というようなグループにまとめられていましたが、Office365ではアプリケーションはまとめられおらず、アプリケーションごとにメニューに表示されます。
以前のMicrosoftOfficeのようにグループにまとめる方法を Office365 スタートメニューのOfficeアプリケーションをまとめる で紹介しています。

Office365のWordが起動します。

Office365のWordでピン留めしたファイルを開く

ピン留めから選択する

「ピン留め」とは、Wordファイルを見つけやすくするために、ファイルを固定表示する機能です。

参考ページ:Office365 Wordファイルをピン留めする方法

Office365のWordを起動したときに表示されるホーム画面に、ピン留めしたWordファイルを表示することができます。

ホーム画面に表示される「ピン留め」をクリックします。

ピン留めされたWordファイルの一覧が表示されるので、目的のファイルをクリックします。

 

クリックしたWordファイルが表示されます。

ピン留めしたWordファイルを見分ける方法

ピン留めしたWordファイルには、ファイル名の右端にピン留めのマークが表示されます。

 

これで、Office365のWordでピン留めしたWordファイルを開くことができました。

よく使うWordファイルをピン留めしておくと、Office365のWordを起動するだけですばやく簡単にそのWordファイルを見つけて開くことができて便利です。

ぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。

 

以上、Office365のWordでピン留めしたWordファイルを開く方法でした。

 

コメント