Office365 フォルダーを参照してWordファイルを開く

Office365のWordでは、Wordファイルが保存されているフォルダーを参照して目的のファイルを開くことができます。

なじみのあるエクスプローラーと同じようにファイルを扱うことができるので、操作しやすいのではないでしょうか。

今回は、Office365のWordで、フォルダーを参照してファイルを開く方法を紹介します。

Office365 Wordを起動する

スタートメニューを表示する

Office365のWordは、いくつかの方法で起動することができますが、今回はスタートメニューから起動します。

参考ページWindows10 アプリを起動する方法

パソコン画面左下のWindowsマークの「スタート」ボタンをクリックします。

スタートメニューが表示されます。

Wordを起動する

アプリ一覧から、「Word」をクリックします。

以前のMicrosoft Officeは、Wordなどのアプリケーションが「Microsoft Office 2013」というようなグループにまとめられていましたが、Office365ではアプリケーションはまとめられおらず、アプリケーションごとにメニューに表示されます。
以前のMicrosoftOfficeのようにグループにまとめる方法を Office365 スタートメニューのOfficeアプリケーションをまとめる で紹介しています。

Office365のWordが起動します。

フォルダーを参照してWordファイルを開くには

開く画面を表示する

Offce365のWord起動時に表示される「開く」からWordファイルの保存場所を参照してWordファイルを開きます。

画面左側に表示される「開く」をクリックします。

または、Wordファイル一覧の右下に表示されている「その他の文書→」をクリックします。

「開く」画面が表示されます。

「ファイルを開く」ダイアログ

Wordファイルを保存できる場所が表示されるので、「その他の場所」から「参照」をクリックします。

「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。

目的のWordファイルが保存されているフォルダーを選択して開きます。

フォルダーを参照してWordファイルを開く

フォルダーを選択したら、目的のWordファイルをダブルクリックします。

Office365のWordファイルが表示されます。

 

これで、Office365のWordで、フォルダーを参照してWordファイルを開くことができました。

 

以上、Office365のWordで、フォルダーを参照してファイルを開く方法でした。

 

コメント